ウオーターサーバーって便利なの?家庭に置くメリットって何?

シェアする



ウオーターサーバー

ウォーターサーバーと言えば、以前は病院や会社の事務所なで見かけることがほとんどでした。

でも昨今、ウォーターサーバーを設置されるご家庭が増えています。

まだ置かれていないご家庭の貴方も友達の家庭に招待されたとき等に見かける機会が多くなっているのではないでしょうか?

また、災害時などの緊急用にお勧めなどといった理由で家庭に設置される方も増えていますね。

今回は、このウォーターサーバーの設置についてどんなメリットがあるのか?置くとどんな風に便利なのか解説していきます。

ウォーターサーバーのメリット、デメリット

メリット、デメリット

ここでは、ウォーターサーバーの設置をおすすめする理由(メリット)について解説したいと思います。

メリットを知る前に、まずウォーターサーバーがご家庭になかったらどれだけ不便か?を以下にまとめてみました。

ウォーターサーバーが設置されていないご家庭の場合

  • スーパーなどでミネラルウォーターを都度購入。1本2Lのボトルを毎回持ち運ぶのは正直重いし面倒臭い
  • 水道水はカルキ臭かったり、衛生面や放射能が気になって安心して飲むことが出来ない
  • 赤ちゃんのミルク、コーヒー、お茶を入れるために毎回お湯を沸かさなければならない
  • 災害時など、お水が手に入らない

最近では、何かあると直ぐに買いだめをや買い占めが発生して買いたくてもお店に無いなんてことが良くあります。

ウォーターサーバーが設置されているご家庭の場合

  • 毎月指定した本数のお水を無料配送してくれる。追加注文もWEBや電話で簡単申込できる!
  • お水は徹底した検査体制の元出荷しているから安心して飲める
  • お水以外にも、お湯(85~90度)が出るから赤ちゃんのミルク作りやコーヒー、お茶を入れるのに重宝する
  • ご飯やお味噌汁、氷(ロック)を作るときに利用するといつもと一味違う美味しい仕上がりになる
  • ミネラル豊富だから健康やダイエットにも最適
  • 災害時などの、水不足等の備えにもなる
  • コストパフォーマンスがいい、市販のミネラルウォーターよりお得!

など、他にもメリットはまだまだたくさんありますが、上記のように多くのメリットがあります。

ウォーターサーバーの家庭への設置は増えてきたとは言えまだまだの状況です。

この先、電子レンジや冷蔵庫のようにおいてない家庭は無いと言った時代が来ることは間違いないと考えます。

実際、欧米ではもはやウォーターサーバーがあることは当たり前になっています。

次にデメリットをお伝えします。

✖デメリット 電気代がかかる

ウォーターサーバーは電気を使います。

電気代が月に500円~800円ほどかかります。

口コミピックアップ

利用メーカー:プレミアムウオーター30代女性(滋賀県)

ちょっと不満・・・美味しい水がすぐに飲めること、子どもの薬を内服時にも大活躍!ミルクにも水道から出る浄水器の水とはまた違う美味しさ。電気代が1ヶ月1000円掛ってるのはちょっと不満

利用メーカー:天然水「コスモウォーター」 40代男性(神奈川県)

月々の電気代が少し下がった・・・24時間動いてるしもう少し高いのかなって思っていたが、冷たいお水を飲む際の冷蔵庫の開け閉めやサーバーからお湯がでるので湯沸かしを使わなくなったら月々の電気代が少し下がった無菌エアシステムを使用しているのでタンク内に逆流する空気をクリーンフィルターを通過させ、雑菌やカビ菌などの菌がボトル内の水に入ることを防いでくれる。

次におすすめ(メリット)についてお伝えします。

◎メリット おいしい水がいつでもすぐに飲める

美味しい水が飲める

ウォーターサーバーの水は、メーカーが水源から採水した水をろ過・加熱などの処理をして、厳しい衛生管理のもとにご家庭に届けられています。

有害物質などの混入の心配がなく、新鮮で衛生的です。

さらに、ウォーターサーバーによっては、水を衛生的に保存する機能が備わっているので、常にきれいでおいしい水を飲むことができます。

口コミピックアップ

利用メーカー:プレミアムウォーター40代男性(三重県)

価格も妥当な金額・・・手軽に使えておいしい水が飲めるので良いと思います。価格も妥当な金額だと思います。置き場所に困るのが難点なので、もっと大きいボトルがあればいいと思います。

◎メリット 冷水とお湯がすぐに使えるからとても便利!

ウォーターサーバーは、サーバー内部に水を冷却する機能と加熱する機能が備わっており、いつでもすぐに冷水と温水が出る仕組みになっています。

ですから、朝の忙しい時間などすぐにコーヒーを入れられたり、カップ麺が食べたくなった時などとても便利です。

子育て中のママさんからはミルク作りや離乳食作りに便利で重宝しているという声も多く寄せられています。

口コミピックアップ

利用メーカー:プレミアムウオーター30代女性(神奈川県)

時間の節約にもなる・・・用途に合わせたお水、お湯がすぐに利用できるのが本当に便利です。時間の節約にもなるし、天然水が飲めるのは身体にも安心です。お値段はもう少しお安くなればありがたいですが、利点を考えると購入して本当に良かったです。

利用メーカー:天然水「コスモウォーター」 30代女性(千葉県)

本当に良かったと満足しています・・・水のボトルが重くセットが大変という点や、価格が決して安くないという点はマイナス要素ですが、まだミルクしか飲まない子供がいるので、子供のミルク作りには非常に助かっています。育児の時短、子供に安全な水をあげられるという点で、比較すればサーバーを入れて本当に良かったと満足しています。

◎メリット 備蓄水にもなります

電気で水を組み上げるなどタイプ以外のウォーターサーバーの中には、万が一停電が起きた場合でも、水の供給が可能なものがあります。

また、水が定期的に配送されるので、万が一災害があった時も安心です。

口コミピックアップ

利用メーカー:フレシャス50代女性(新潟県)

災害時の備えになる・・・夫の尿酸値が高いので、夫が希望して購入することになったので、最初は水なんてわざわざ購入しなくても、という気持ちだったが、水の成分が体に良さそうだし、今何より満足している点は、災害時の備えになる点である。停電時にはサーバー自体は使用出来ないが、水のストックがある。

ウォーターサーバーについて

現在ウォーターサーバーは色々と出ています。

昔ながらの物から、一見ウォーターサーバーには見えないものなど各種出ています。

今回は、その中でも人気のあるウォーターサーバーをいくつかご紹介します。

その前に気になる費用について簡単に説明しますね。

ウォーターサーバーにかかる費用

ウォーターサーバーは基本的に本体はレンタルとなります。

この本体のレンタル費用は条件付きで無料の所が多いです。

月額費用の基本は

ウォーターサーバー本体レンタル料+水の代金+電気代となります。

購入ノルマの有無やスキップをうまく活用することで水の消費が少ないご家庭あれば、平均月額2000円前後で利用することも可能ですが、一般的な使用方法で大人2名が24Lの水を消費した場合は、平均月額4000円~5000円程度かかると思ってください。

結構かかると感じたと思いますが、スーパーで24Lの水を購入した場合

500mlの天然水1本100円とすると、4,800円かかることになります。

特売で安く変える時もありますが、持ち運びの手間などを考えると金額的にはそれほど高くつくものではありません。

ウォーターサーバー本体のレンタル料は?

ウォーターサーバーを利用するためにはメーカーから本体をレンタルして、水の定期配送契約を結びます。

一般的に本体のレンタル料は無料から1000円程度です。

本体レンタル料が無料の業者は水の定期配送の購入ノルマ※があるところが多く、レンタル料がかかるメーカーは購入ノルマ※がないところが多いようです。

※購入ノルマとは

水の定期配送で、毎月〇本以上注文すれば本体レンタル料が無料になり、購入ノルマに満たない場合はサーバーレンタル料や休止手数料がかかるシステムです。

メーカーにもよりますが定期配送のスキップ(一時停止)ができますので安心してください。

ただし、2カ月連続ではスキップ(一時停止)ができないなどの制約があるのでよく確認してください。

飲める水について

ウォーターサーバーの水は大きく分けて「天然水」「RO水」2種類があります。

簡単に説明すると、特定水源の地下水から採水されるのが「天然水」。

水道水や海、川などから採水された水をRO膜(逆浸透膜)と呼ばれる装置でろ過したものが「RO水」です。

もともとウォーターサーバーでは「RO水」が主流でしたが、現在では「天然水」を提供するウォーターサーバーのシェアが高くなっています。

今は、注目のミネラルであるバナジウムを多く含んだ、富士山周辺から採水されるバナジウム天然水が人気です。

他にも天然のアルカリイオン水と呼ばれる島根の水や、シリカを含んだ熊本は阿蘇の水、亜鉛を含んだ大分の水など日本各地の名水を飲むことができます。

水の配送方法と容器について

お水の配送方法やボトルにも種類があります。

ワンウェイ方式

ワンウェイ方式

「ワンウェイ方式」のウォーターサーバーは、使い捨てボトルの配送に大手宅配業者が利用されているので水の受け取りや再配達も簡単です。外出が多い方や空のボトルを保管スペースが無い方におすすめです。

リターナブル方式

リターナブル方式

「リターナブル方式」のウォーターサーバーは、水の配送に自社配送網を利用していることが多いので、配達地域に制限があることが多く、全国に配達が可能なウォーターサーバー会社はわずかしかありません。

メリットとしては、何かあった場合はすぐに配達員に相談ができることや、玄関先などに新しい水を置いていき、代わり空ボトルを持って行くなどフレキシブルな対応が可能なことです。

ですが、毎月12L×2本で契約の場合、予備ボトルを含めると、12Lのボトルが最低でも4個の保管が必要になりますのでかなりのスペースが必要です。

ボトルの種類

お水のボトルの種類は2種類あります。

ボトルの種類

使い捨てのボトルタイプと回収して再利用するガロンボトルになります。

使い捨てボトルは各自治体のルールにあわせてゴミとして廃棄することが可能です。

ガロンボトルはウォーター屋さんがその都度新品のお水と交換で回収します。

おすすめのウォーターサーバー

では、現在人気があるウォーターサーバーをご紹介します。

プレミアムウオーター

プレミアムウオーター

今、最も人気のあるウォーターサーバーと言われています。

お勧めの点は、ウォーターサーバー本体が種類が多いこと

スタイリッシュで通常の床に置くタイプと、テーブルなどにおけるショートタイプがあります。

お水は、厳選された採水地5か所から選ぶことが出来ます。

容量はタイプにより、7Lと12Lが選べます。

本体レンタル料は月に2本以上の定期購入で無料となっています。

お水の費用は、PREMIUM3年パック利用で、24Lが3,974円(税込)

ボトルはワンウエイ方式です。

また、PREMIUM WATER MOM CLUBと言うものがあって

お申込時に妊婦又は5歳以下のお子様がいるご家庭の方はお得になっています。

お水が1セット3,283円(税込)となりお得です。

プレミアムウオーターの詳しいことは下記公式ページをご確認ください。

公式サイトはこちら

コスモウォーター

コスモウォーター

コスモウォーターは、置き場所を選ばないスマートなデザインとなっています。

お勧めの点は、お水のボトルを持ち上げる必要がなく本体の下部に配置しています。

本体下部に水

重たい水ボトルを持ち上げないので、女性でも簡単にボトル交換ができます。

お水は、お住いの近くの採水地より天然水が届きます(京都、大分、静岡)

費用は、毎月のお水代だけです。

初期費用、本体レンタル料、お水配送料はすべて無料です。

お水の値段は、24Lで4,104円(税込)です。1回の配送で12Lが2本となります。

ボトルはワンウエイ方式です。

コスモウォーターの詳しいことは下記公式ページをご確認ください。

公式サイトはこちら

【クリクラ】ウォーターサーバー

クリクラ

ウォーターサーバーのスタンダードタイプがクリクラです。

このクリクラの良い点は、無料お試しが出来ることですね。

ボトル1本分12Lを無料で試すことが出来ます。

当然、配送料や本体レンタル料金も発生しません、完全無料で試すことが出来ます。

通常価格は、3か月で6本以上(12Lのボトル6本)の利用で本体レンタル料金は無料です。

月に2本ですので、他と変わりはないですね。

お水の料金は、12Lボトル1本が1,460円(税込)です。2本で2,920円です。

使用ボトルは、リターナブル方式となります。

ボトルの保管場所があるならば、料金的にお安いのでお勧めです。

クリクラの詳しいことは下記公式ページをご確認ください。

公式サイトはこちら

フレシャス

フレシャス

フレシャスのお勧めな点は、なによりデザインにあります。

GOOGDESIGN賞を受賞しています。

また、単にウォーターサーバーだけでなく、カフェ機能が付いた製品があることです。

本体のレンタル料金はスタンダードモデル(サイフォンプラス)が、1回の配送4パック(税込4,992円)で無料となりますが、他の機種はそれぞれレンタル料がかかります。

お水の値段は、4.7Lタイプで925円(税抜き)7.2Lタイプで1,155円(税抜き)となっています。

お水は、富士、朝霧高原、木曽の3種類から選べますが料金はおのおの違います。

お水の配送料は無料です。

ボトルのタイプは、ワンウエイ方式です。

このフレシャスはお水のタンク容量が他の製品と比べると少ないのも特徴です。

お洒落に美味しくて安全な水を飲みたい方にお勧めです。

フレシャスの詳しいことは下記公式ページをご確認ください。

公式サイトはこちら

乗り換えキャンペーン

最近はウオーターサーバー業界も大変なようで、各社とも乗り換えキャンペーンを実施しています。

もし、現在何かしらのウォーターサーバーをご利用中で変更をお考えの方は、この乗り換えキャンペーンを有効に使うことをお勧めします。

まや、新生活が始まる季節でもありますので、新生活キャンp-ンなどのキャンペーンもやっているメーカーもありますので要チェックですね。

まとめ

今回はウォーターサーバーについて説明をしました。

我が家でも以前から自宅近くのホームセンターが手掛けているウォーターサーバーを使用しています。クリクラと同じ感じの製品です。

料金的には、本体レンタルが月に500円、お水が12Lが2本で3,000円で合計3,500円(税別)税込みで3,780円を払っています。

ボトルタイプがリターナブル方式で予備のボトルを置いておく必要があるのがスペース的に難点です。

ウォーターサーバー本体は、2年に一度衛生面を考えて無料交換してくれるので良いのですが

そろそろワンウエイ方式のウォーターサーバーに変えようかと思案中です。

変えるならば、やっぱり一番人気のプレミアムウオーターかな?なんて思っています。

ショートタイプならテーブルに置けるのでより良いかなって考えています。

どちらにしても、一度使いだすと便利ですし手放せなくなります。

今回、ご紹介したのは自分も一緒に考えるためでもありました。

皆さんは、どれが良いですか?

スポンサーリンク


フェリシモ「コレクション」

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。