自宅テレビの大画面でVOD(動画配信サービス)を見る方法を紹介

シェアする



テレビでVOD

今回は、先日ご紹介した「VOD」動画配信サービスを自宅のテレビで見る方法を説明します。

管理人お勧めの、U-NEXTなどの定額で見放題の動画配信サービスに興味はあるけどパソコンやスマホだけではなく自宅のテレビで見れたら良いなって方は多いのではないでしょうか?

特に映画好きの人は大きな画面で、いい音で映画は楽しみたい。

好きな俳優さんやアイドルの動画を大画面で見たい。

「自宅のテレビで見たいのに!これがネックで定額の動画配信サービスに加入できないんだよね」そんな人もいるかもしれません。

でも安心してください。

ズバリ、「VOD」動画配信サービスはテレビで見ることができます。

難しくありません。簡単です。

自宅のテレビで見れたら・・・

映画やドラマはテレビで見たい!

大丈夫!VODは家のテレビで見れますよ!

テレビでODを見る方法はいくつかあります。

いずれも多少の費用はかかりますが、どのやり方でも簡単にテレビで見ることができるようになります。(費用の掛からない場合もあります。)

ここでは、定額で見放題のVOD動画配信サービスをテレビで見るための方法について紹介します。

VODをテレビで見るメリット、デメリット

ここでは、テレビで見る方法を紹介する前に、なぜテレビで見る必要があるのかを確認しておきます。

VODをテレビで見るメリットは3つあります。

  • 画面が大きい
  • 音が良い
  • 家族で見れる(みんなで見れる)

一番のメリットは、画面が大きいことです。

当たり前の話ですが、小さい画面で見るよりも大きな画面で見たほうが迫力があり楽しめます。

2番目のメリットは、音がいいことです。

最近のテレビのスピーカーは本当に良い音が出ます。

パソコンやスマホ、タブレットのスピーカーも音が良くなっているとは思いますが、テレビのスピーカーに比べるとまだまだ劣っています。

3番目のメリットは、家族で見ることができることです。

テレビの大画面なら、映画やドラマなど家族みんなで一緒に楽しむことができます。

パソコンやスマホ、タブレットの画面では小さくてみんなで見るには不向きです。

また、小さい画面ではお子様の視力低下などの心配もあります。

大きな画面、そしていい音で映画やドラマを家族みんなで楽しめるのがテレビで見るメリットです。

デメリットは、ご紹介する商品を購入する費用が掛かることです。

でもこれは、購入しても損はない商品ですし1台あると便利なものです。

では、これよりVODをテレビで見る方法を紹介していきます。

VOD対応のテレビ

TV

ちょっと前から販売されているテレビの中には、VOD対応のテレビがあります。

もし、VOD購入を期にテレビも買い替えると思っているのなら

このVOD(動画配信サービス)対応のテレビを購入してください。

テレビにネット配線をつなぐだけでVODが見れます。

もし、今あるテレビがVOD対応のものであれば追加で何かを購入する必要はありません。

ちなみに、現在日本で販売されているテレビメーカーであれば、ほとんどのメーカーからVOD対応のテレビが販売されています。

仮に新規購入される場合は、このVOD対応か否かを確認してください。

また、今お使いのテレビも対応している可能性がありますので取扱説明書やメーカーのホームページなどで確認することをお勧めします。

1点だけ注意点があります。

VOD対応テレビは、VOD対応であっても全てのVODサービスに対応しているとは限りません。

U-NEXT は、ほとんどのメーカーが対応していますが、Hulu / dTV / Netflix / amazonなどのVODサービスは各メーカーによって非対応の場合があります。加入したいVODサービスに対応しているテレビであるかの確認は必ずしてください。

VOD対応のブルーレイプレイヤーがある

ブルーレイプレイヤー

メーカーによって違いますがVOD対応のブルーレイプレイヤーがあります。

VODに対応しているブルーレイプレイヤーを介してVODをテレビで見ることができます。

ただし、これもテレビと同じで対応サービスにメーカー毎に違いがありますので加入するVODサービスに対応しているかの確認は必要です。

セットボックスを利用する

VODサービスをテレビで視聴したいからといって、テレビやブルーレイレコーダーを新しく買うというのは非現実的ですね。

たまたま、自宅のテレビが対応しているのならそれが使えますというだけで、新しくテレビを買ってくださいというのはなかなか厳しいですよね。

これから紹介する方法は、少し費用が掛かりますがテレビやブルーレイプレイヤーのように高額ではありません。

いずれもテレビについているHDMI端子に差し込み、Wi-Fiにつなげるだけで簡単にテレビで見ることができるようになります。

最低条件は、テレビにHDMI端子があり、Wi-Fi環境が必要となります。

最近のテレビであればHDMI端子はまずありますし、これを読んでいる方はネットをつないでいると思いますのでWi-Fi環境もあると思います。

紹介する商品はそれぞれ対応しているサービスが違います。
おのおの対応も含め紹介していきます。

Fire TV Stick  ※コスパ最高

Fire TV Stick

Fire TV Stick amazonが販売している商品になります。

通常版と4K版の2種類があります。

違いは価格と性能。

4Kの方が性能もよく画質がいいけど少し価格が高いと考えておけばOK。

対応VODサービスは、Amazonプライム/U-NEXT / Hulu/ dTV / Netflix 

価格はFire TV Stickが4,980円、Amazon Fire TVは6,980円となっています。

Fire TV Cube

Fire TV Cube

上で紹介したFire TV Stickにスマートスピーカーの機能を合わせたような商品です。

音声でコントロールできるので、何かのコマーシャルのように「アレクサ!音量下げて!」「アレクサ!30秒戻して!」みたいなことができて便利です。

また、動画のコントロールだけではなく、「アレクサ!今日の天気は?」といえば天気を教えてくれます。

対応VODサービスは、Amazonプライム/U-NEXT / Hulu/ dTV / Netflix 

価格は14,980円となっています。

Chromecast(クロームキャスト)

Chromecast Ultraの

ChromecastとChromecast Ultraの2種類があります。

4K再生する場合は、Chromecast Ultraが必要となります。

この商品の不安なところが1点あります。それは音質です。

この商品は音質についての記載が一切ありません。

他のセットボックスは、3DオーディオのDolby Atmosにも対応してます。

価格は、Chromecastが4,980円、Chromecast Ultraが9,720円です。

Apple TV 4K ※管理人一押し

Apple TV 4K

Apple社が販売している商品になります。

現在のセットボックスの中では最高峰モデルとなります。

性能も使い勝手も他を寄せ付けません。

解像度は4K HDR対応、音声は360度サラウンドのDolby Atmos対応

リモコンはタッチパネルで、リモコンは電池式ではなくiPhone同様にライトニングケーブルで充電が可能。

これは地味に便利で、充電の持ちも良いです。

iTunesと連携できますので、現在iTunesストアーなどをご利用中の方には便利です。

対応VODサービスは、全サービス対応となっています。

価格は、19,800円となります。

他の商品と比べるとかなり高額ですが、その値段だけの価値はある商品です。

管理人宅では、このApple TV 4Kを利用しておりますが

AirPlay、iTunesとAppleユーザーだからこそ使えるわけで、

他にApple製品を所持していなければ、完全に意味の無い端末となります。

ゲーム機を利用してテレビで見る

ゲーム機でもVOD動画配信サービスを利用することができます。

ゲームをプレイするのと同じようにゲーム機とテレビを繋ぎ、ネット回線をつなげることで動画をテレビで見ることができます。

すでにゲーム機を持っているのであればおすすめの方法です。

利用可能なゲーム機

  • PlayStation4 / PlayStation3

  • PlayStationVita

  • XBOXONE

対応VODさーぶすは、PlayStationがHulu / U-NEXT / Netflix / Amazonプライム。XBOXONEはNetflix / Amazonプライムとなります。

まとめ

今回、低額で好きな番組が見放題のVOD動画配信サービスをテレビで見る方法をご紹介しました。

他にもやろうと思えばパソコン経由などでテレビで見ることが可能ですが、簡単で便利な方法を中心に紹介しました。

ご自分が加入したいと考えているVOD動画配信サービスに適した方法を選んで、ご自宅のテレビで楽しむことをおすすめします。

きっと今まで以上の楽しい動画生活を過ごせます。

スポンサーリンク


iqos
kumalineの一言つぶやきの部屋
健康・美容・ダイエット
詳細はこちら

フェリシモ「コレクション」

シェアする

フォローする