寒い季節はお風呂で温まろう 入浴剤の効果を実感

寒い冬、お風呂は心身ともに暖まるために最高ですね。

身体を清潔にする。

身体を温める。

身体の疲れをとる。

などなど、嬉しい効果はたくさんありますね。

時間があまりないなどは、ついシャワーだけで済ませがちですが、シャワーだけでは体も心も疲れがとれず開放感を得られません。

お風呂は入るだけで心身ともにリラックスさせてくれる手軽な健康法です。

さらに、お湯の温度を調節したり、入浴剤を入れて心地よい環境を作ったりなど、入り方次第でその効果は倍増します。

自分に合ったお風呂の入り方を見つけることで毎日の健康生活をサポートしましょう。

今回は、このお風呂をより良く楽しむためにお勧めの入浴方法や入浴剤を紹介します。

お風呂で健康促進

風呂は体の汚れを落とすだけでなく、健康増進に欠かせません。

お湯につかることで皮脂や汚れを洗い流し、心身をリフレッシュします。

また、体表面に水圧が加わることで、下半身にたまった血液を心臓に向け還流させ血行を促進させます。

その結果、全身に酸素や栄養を送り込み、体内にたまった乳酸など疲労物質を体外に運びだし新陳代謝を促進、肩こりを取り除きリラックス効果を生みます。

また、お湯の中では浮力が働き体重が約1/9になり、体が動かしやすくなります。

普通の状態で体を動かすのに困難を感じる人も、風呂の中ではラクに動かせるようになりますから、手足の関節や腰を動かしてみるといいでしょう。

そして風呂で体が温まった状態で睡眠をとると、ぐっすり眠れ朝が迎えられます。

お風呂の効果

お風呂に入るとゆったりした気分になり、リラックスできます。

これは入浴することによって体に温熱作用・浮力作用・水圧作用の3つの物理作用が働くためです。

温熱作用

・高温浴(42℃~44℃)・・・交感神経の緊張を促し、眠気を一掃して心身ともに活動的にします。

・微温浴(35℃~38℃)・・・毛細血管への刺激が少なく、筋肉を弛緩させます
副交感神経が働き、精神的にも安らぎ、落ち着いた気分になれます。

浮力作用

水やお湯の中では、陸上にいるときに比べて身体が極端に軽くなるため、だるさを感じなくなり、心身ともにリラックス感が得られます。

水圧作用

水中で受ける圧力によって血行が促進され、肩こりや腰痛が緩和されたり、手足の冷えが改善されたりします。

お風呂に入る効果は他にも、清潔、リラックス、安眠、リフレッシュ、ストレス解消、冷え性、足のむくみ、腰痛・肩こり、疲労回復、美肌、ダイエットなどのたくさんの効果があります。

入浴の仕方で効果も変わる

単にお風呂に入る(入浴する)といっても、その入浴の方法により期待できる効果も変わってきます。

この効果の違いを良く覚えて、その時々の目的に合った入浴をしましょう。

ストレスを解消したい時

・入浴法・・・40℃以下の湯に、ゆっくりと長くつかるといい。42~43℃の湯にさっと短時間入って、体をゴシゴシ洗う。但し、血圧や心臓に心配のない人に限る。

・効果・・・ぬるい湯は副交感神経優位で、心身を鎮静させる作用がある。ヒステリーもこれで解消。熱い湯は体の中の血液がかき回されて頭と神経のイライラをさっぱりとさせる。

安眠したい時

・入浴法・・・一般的には、36~38℃のぬるめの湯にゆっくり入るとよい。

・効果・・・体の緊張が取れて、本来の疲れがどっと表に出てくる。神経は沈静化。

これからひと仕事したい時

・入浴法・・・42~43℃の熱い湯に短時間。長湯は厳禁。

・効果・・・交感神経を刺激して、心身の緊張を高める。朝風呂の効用もこれ。

足のむくみと疲れを取りたい時

・入浴法・・・40℃前後のややぬるめで、たっぷり入れた湯に、深く、長く入る。

・効果・・・水圧の原理を生かす。深くつかるほど圧力は高くなる。但し、おなかにも圧力がかかるので、妊娠中は避ける。

筋肉の疲れを取りたい時

・入浴法・・・42~43℃の熱めの湯に入る。血圧や心臓に自信のある人は、一度出て水をかけ、再び入るのもよい。強めのシャワーを当てるのも効果がある。

・効果・・・血行をよくして、疲労素を早く取り除く効果がある。

肌を美しくしたい時

・入浴法・・・一番風呂は避ける。39~41℃あたりの、ややぬるめの湯のほうがよい。あまり長時間入って肌をやけさせないこと。

・効果・・・熱い湯に入ると皮膚を乾燥させ、肌の老化を早めやすい。あまり石鹸でゴシゴシこすらないこと。入浴後は、栄養クリームの補充を十分に。

※日本浴用剤工業会より

入浴剤をお勧めする理由

入浴剤をお勧めする理由を簡単に書きます。

入浴剤を入れていない湯はただのお湯なので、水質の成分(カルシウムやマグネシウム)が熱の伝わり方を強めたり、浸透圧の関係でお肌を刺激したりします。

また、体に必要なミネラルや脂分まで奪い取ってしまうことがあります。

敏感肌の方やお年寄り、幼小児の方などには、特に負担が大きいといえます。

入浴剤を入れるとお湯がやわらかくなり、肌への刺激も少なくなります。

それだけでなく、入浴剤に含まれるさまざまな成分による保温効果や保湿効果も期待できます。

さらに色や香りによるリラックス効果も加わることで、より快適でより健康的なお風呂を楽しむことができます。

入浴剤の違いと効果

入浴剤は大きく分けて6つに分類できます。

①無機塩類型入浴剤

このタイプの最大の効果は、塩類が皮膚の表面の蛋白質と結合して膜を形成し、この膜が身体の熱の放散を防ぐために、入浴後の保温効果が高く湯冷めしにくいということです。

②炭酸ガス系入浴剤

このタイプは炭酸ガスの血管拡張作用を有効利用したものです。

お湯に溶けた炭酸ガスは皮膚吸収により容易に皮下内に入り、直接血管の筋肉へ働きかけ血管を拡げます。

血管が拡がると血圧が下がり、血流量が増えます。

その結果全身の新陳代謝が促進され、疲れや痛み等が回復します。

同時に温かい湯に入っていれば血液が体表面の熱を全身へと運び、身体の芯まで温まることになります。

皮下内に入った炭酸ガスは、肺から呼吸によって体外へ出されますので、身体の中に蓄積するようなことはありません。

③薬用植物系入浴剤

このタイプの効果は生薬の種類によって異なりますが、生薬に含まれている成分の働きと、独特な香りの働きからなりたっています。

生薬はそれぞれ長い歴史の中から生まれ、その効果は医療薬として、日本ばかりでなく欧米でも高く評価されています。

④酵素系入浴剤

酵素は医薬品の消化剤や洗浄剤等によく利用されますが、人間はもちろん、微生物や植物などの生物の体の中で作られ、たんぱく質や脂肪等を分解して消化や 洗浄を助ける効果をもっています。

入浴剤に酵素を配合する目的は、皮膚に無理な刺激を与えずに清浄にし、他の成分と一緒に入浴効果を高めることにあります。

人の皮膚表面の角質層は、外界の温度や刺激等から体を保護する働きを持っていますが、外界環境のチリや埃が皮膚表面で絡まって毛穴や皮膚の溝の中に入り込み、落ちにくい汚れとなっていることがあります。

酵素はこのような汚れに特異的に作用して、汚れを小さくしたり別の形に変えたりして洗い流し易くします。

その結果、浴後は清潔で滑らかな使用感をもたらします。

⑤清涼系入浴剤

このタイプは、夏の入浴を快適にするためのもので、主にメントールを配合して冷感を付与させたものや、炭酸水素ナトリウム、硫酸アルミニウムカリウムを配合し入浴後の肌をサッパリさせたものがあります。

また、お湯の色は青色を基調にしたものが多く、視覚的にも爽快感を付与しています。

⑥スキンケア系入浴剤

このタイプは、保湿成分が入浴中に皮膚に吸着浸透し、スキンケアを行うものです。

特に冬の乾燥時は、入浴後過度に角層中の水分が失われ、お肌のかさつきが起こりやすくなっており、入浴剤によるスキンケアが重要となります。

また入浴で膨潤したお肌は、保湿剤等の薬効剤が浸透し易い状態になっているため、保湿 成分が肌の表面に吸着するだけではなく、角層内部にまで浸透していきます。

その結果、入浴後はお肌がしっとり、すべすべになります。

※日本浴用剤工業会より

敏感肌、アトピー肌の方にお勧めの入浴剤

ここでは、敏感肌やアトピー肌の方に安心して使える入浴剤をご紹介します。

敏感肌、アトピー肌の方が注意したい点

まず、敏感肌やアトピー肌の方は刺激の強い入浴剤は避けましょう。

香料、パラベンなどの防腐剤、合成色素などの合成成分は、肌の状態によっては刺激になることが多いので、アトピー肌が悪化する可能性があります。

温泉成分に多い硫黄は筋肉疲労や冷え性などに効果的に作用すると言われていますが、硫黄は肌の皮脂を落とす効果も期待できます。

バリア機能が落ちている状態だと、腫れやかぶれが起こる可能性があります、アトピー肌の方には刺激が強い成分なので、避けることをおすすめします。

次に人気の炭酸ガス入りの入浴剤ですが、ガスを発生させるための成分や泡が肌への刺激となるので、アトピーの悪化につながるおそれがあります。

また、炭酸ガスで体が温まりすぎることで、炎症やかぶれが起こる可能性もあります。できるだけ使用は控えましょう。

こう書くと、敏感肌やアトピー肌の方は入浴剤は不向きのように感じますが実は敏感肌やアトピー肌の方に選んでいただけるものもあります。

・保湿成分の配合したものを選ぶ

アトピー肌に大きな負担となる入浴後の乾燥が起こらないように、保湿成分の配合されている入浴剤を使うようにしましょう。

代表的な保湿成分にセラミド、ホホバオイル、スクワラン、ハチミツ、プロテイン、シアバターなどがあります。

もちろん、肌の状態や気候、体調によっては、保湿成分そのものが刺激につながることもあるので、肌の様子を見ながら自分に合った保湿成分を選んでください。

・薬用植物系の成分が入っているものを選ぶ

アトピーに効果があると言われる、薬用植物系の成分配合の入浴剤を選ぶようにしましょう。

ヨモギエキス、ユーカリエキス、カミツレ(カモミール)、トウキ、センキュウなどは湿疹や炎症、抗菌、乾燥に作用する生薬です。

これらの成分を配合したものであれば、入浴しながら肌のケアができます。

・塩素除去の成分があるものを選ぶ

水道水には、雑菌が繁殖しないよう塩素を含んだ石灰成分のカルキが含まれていますが、アトピー肌の方にとってはこのカルキも刺激になるおそれがあります。

入浴剤の中には塩素除去成分を含んだ製品もあるので、カルキが刺激になる方におすすめです。

また、ビタミンCはカルキを中和する効果があると言われています。

花王  キュレル 入浴剤 本体 420ml(赤ちゃんにも使えます)

丹平製薬 アトピタ 薬用入浴剤 ボトルタイプ 本体(500g)

持田ヘルスケア コラージュ Dメディパワー 保湿入浴剤 500mL (医薬部外品)

乾燥肌の方へ 北の達人コーポレーション みんなの肌潤風呂

極度な乾燥やかゆみにお悩みの【アトピー肌】用に開発した入浴剤です。

健やかな肌を保つのに必要な「保湿」と「肌の清潔さ」を保つための入浴剤です。

モニターテストで【86%】の人がアトピー肌の改善を実感!

天然温泉成分、別府明礬(みょうばん)温泉の「湯の花」が肌にミネラル(栄養)を与えながら皮膚や汗腺の油脂、汚れ除去を実現!

化学成分を使わず、自然素材で微発泡する入浴剤を実現!
微発砲がお湯を柔らかくし、肌をやさしく包み込む!

水分をぐんぐん引き寄せる「ビート糖」のチカラで角質層までぷるぷる潤い肌に!

潤い保湿ヴェール成分を配合しているから浸透した水分を逃さない!

水道水に含まれ、肌を刺激する原因「塩素(カルキ)」を除去!

こちらの「みんなの肌潤風呂」は楽天市場、ヤフーショッピング、Amazonで購入可能です。

一番安く買えるのは、販売元サイトのようです。

販売元サイトでの販売価格・・・定期購入約1か月分600g入が2,980円(税別)送料181円(税別)ゆうパケット利用時となっています。

定期購入での購入になりますが、次回発送日の3日前までに連絡で中止や変更が可能です。

↓一番お安く買える販売元サイトは下記より↓

アトピーのお子様に 華密恋(カミツレイ) 薬用入浴剤 400ml

保湿、消炎効果が期待されるハーブのカモミールをの入浴剤(医薬部外品)です。

カモミールの和名が華蜜恋です。

発売から30年で、300万本の売上を誇る、人気の商品でもあります。

お風呂あがりの乾燥を防ぎ、血行が良くなる入浴剤として、【冷え】【乾燥肌】【敏感肌】【ストレス】でお悩みの方にオススメです。

”特許製法濃密カミツレエキス”の抗アレルギー作用が炎症を沈め保湿を行い、
【アレルギー】や【アトピー】から起こるかゆみを抑制します。

無添加なので、乳児性湿疹などでお困りのナイーブなお肌の赤ちゃんにも安心してご利用可能です。

この商品は、販売元サイトからの購入でプレゼントがあります。

プレゼント① ナチュラルミニソープ(17g)

プレゼント② 華密恋あわ立てネット(通常販売価格:660円)

販売元サイトでの価格はプレゼント付きで、2,420円(税込み)です。

最初はお得なプレゼント付きを購入し、次からは詰め替え用が選べます。

継続使用にも嬉しい商品ですね。

 

↓お得なプレゼント付き2,420円で購入は下記販売元サイトから↓

肌の問題がない人にお勧めの入浴剤

敏感肌やアトピー肌でない人でも、その入っている成分によって肌が刺激を受けかゆみが出たりダメージが出たりする場合があります。

そのような心配の少ないお勧めの入浴剤をご紹介します。

Wakawaka on Life  薬用ホットタブ重炭酸湯

この入浴剤の良いところは、なんといっても

身体に負担がかからない、ぬるめのお湯でも身体の中までポカポカになれるところです。

こんなお悩みはありませんか?

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 冷え性
  • 肌荒れ

その他、寝つきが悪い、平熱が低い、疲労感がある、神経痛が・・・

このような方にお勧めの、ぬるめのお湯で身体に負担をかけずに血行促進が出来る入浴剤です。

重炭酸湯と言うめずらしい成分ですが、重曹とクエン酸を上手く配合した入浴剤になります。

「重炭酸湯」をお湯に入れると、きめ細やかな泡とともに重炭酸イオンが発生。

重炭酸イオンは血管に吸収されやすい性質を持っているため、毛細血管までしっかり広げ、血流を促進します。

重炭酸のお湯にゆっくりと浸かれば、体の芯まであたたまり、腰痛やひざ痛などの体の痛みがやわらぎます。

お風呂から出た後もポカポカ感が長続きします。

「重炭酸湯」は、無香料・無着色。重曹とクエン酸から生まれた肌に優しい日本製の入浴剤です。

この重炭酸湯の良いところは、沸かし直しのお湯でも効果があることです。

ほとんどの市販されている炭酸ガス入浴剤は、入れた時だけ泡が出てすぐにお湯の外へ炭酸ガスの成分は出て行ってしまいます。

炭酸ガスのままだと数分で空気中に飛んでしまいますが、重炭酸イオンはお湯にとどまります。

「重炭酸湯」は発砲後、24時間経っても水中の数値がほとんど変わりません。

だから、沸かしなおしのお湯でもしっかりと血流を良くします。

そして、何より安心なのが赤ちゃんでも大丈夫だということです。

「重炭酸湯」の成分は食品グレードの重曹とクエン酸。

しかも無香料・無着色料。 赤ちゃん(3ヶ月)でもシャワーを頭からかぶれるほど肌に優しく、浴槽もいためません。

また、水素イオンがカルキを除去し、お湯をやわらかくします。

 

↓薬用ホットタブ重炭酸湯の購入は下記より可能です↓

楽天市場では、楽天のプレミアム会員の方はお得に購入出来るようですが販売元サイトですと常に10%オフで購入が可能です。

10%OFFでの購入は、定期購入が必要とありますが

この定期購入はいつでも中止や変更が可能ですから安心してお安く購入できます。

10%OFFのお得な価格で購入や詳細を確認したい方は下記販売元サイトへ↓

女性に大人気【AYURAアユーラ】メディテーションバスα

TV番組「Girls Happy Style(ガールズ ハッピー スタイル)」でも紹介された商品です。

人気の化粧品メーカー・アユーラから発売されている入浴剤です。

ローズウッド、ラベンダー、カモミールといったリラックス効果抜群のアロマティックハーブの香りが漂うのが特徴です。

保湿効果とエモリエント効果、両方の効果を得ることができる2層タイプになっており、湯上り後もしっとりすべすべの極上肌が持続します。

香りは強すぎず、ちょうど良い優しい香りで、好き嫌いがわかれない万人受けする香りです。

見た目のボトルもおしゃれで、自分用にはもちろんのこと、プレゼントとしても喜ばれる入浴剤になっています。

【AYURAアユーラ】メディテーションバスαは、ジャンボサイズ700mlを販売元サイトで購入するのがお得です。

ジャンボサイズ700ml(28回分)定期購入で、3,800円(税別)送料無料

定期購入での申し込みですが、定期購入はいつでも解約可能です。

 

↓お得なジャンボサイズを送料無料3,800円で購入できるのはこちら↓

薬用BARTH中性重炭酸入浴剤

溶け込む重炭酸イオン BARTH は独自の製造技術で、重曹とクエン酸の反応を科学的に計算されたタイミングで安定化させ、お湯を中性に保つことで 、重炭酸イオンの 8 ~ 9 割を湯中に溶け込ませることに成功しました。

重炭酸イオンがしっかり溶け込んだお湯に入浴することで、有効成分が血流を促進し、疲労回復を促します。

自然由来のクエン酸 BARTHは、炭酸ガスを発生させるための酸を石油合成ではなく、自然生成物(でんぷん)の発酵で得られるクエン酸を使用しています。

従来クエン酸は反応性が高くすぐに揮発してしまうため、重曹と配合して錠剤にすることが極めて困難だと言われてきました。

自然由来のクエン酸と炭酸ガスの組み合わせが、お肌のキメを整え柔らかくし、美肌効果をもたらします。

塩素を中和するビタミンC配合 ビタミンCを配合したことで、一般家庭で使われる水道水の中に含まれている塩素を中和し、刺激の少ない肌触りのよいお湯を可能にしました。 敏感肌の方や、お子様にも安心してご入浴いただけます。

無着色・無香料 着色料や香料などを一切使用せず、余計なものを削ぎ落としました。

まとめ

今回はお風呂、そして入浴剤についてお伝えしました。

人気の入浴剤で大手メーカーからも多くの商品が発表販売されています。

どの商品もリラックス効果は十分にあるものと思いますが、やはり身体に直接触れるお湯に入れるものです。

ご自分の肌の状態や、体調を考えて入浴剤は選んで商品はください。

ただ、臭いが良いとか、色がきれいとかだけではなく含まれる成分を十分に確認し、なおかつ不要な添加物の無い物を選ぶようにしましょう。

ご紹介した商品以外にも良い商品はたくさんあります。

肌に優しい入浴剤、健康のための入浴剤などで検索をされてみるのも楽しいですよ。

最新情報をチェックしよう!