リシンデル、キャピキシル、アルガス-3など本当に効果のある育毛成分はあるのか?代表的な成分を比較

本当に効果のある育毛成分はあるのか?育毛剤・発毛剤
スポンサーリンク
本当に効果のある育毛成分はあるのか?

育毛剤を選ぶとき、気になるのがその効果ですね。

今の時代、育毛剤は想像を超える種類が販売されています。

その中、それぞれ特徴を持たせるために違った成分を配合しています。

では、この配合された成分の中で、効果があるのは何なのか?

皆さんは気になりませんか?

今回は、この育毛剤に配合されている成分で、ある程度有名であり、なおかつ効果が期待できるも物を紹介、検証していきます。

育毛剤の有効成分とは

まずは、育毛の有効成分とはどのようなものを指すのか、勉強しておきましょう。

育毛剤の有効成分とは

育毛剤の有効成分は、育毛効果があると厚生労働省に認められている成分のことを言います。

安全性が高く信頼もあるため、この成分が含まれた育毛剤は医薬部外品②としての表記が認められています。

医薬部外品とは、医薬品①とは言えないまでも、単なる化粧品以上の効果が期待できるということです。

※①「医薬品」とは、病気の「治療」を目的とした薬のこと

※②「医薬部外品」とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合され[治療]というよりは[防止・衛生]を目的に作られたもののこと

効能・効果は下記の感じになります。

化粧品  <   医薬部外品(薬用化粧品) <   医薬品

有効成分以外の成分も育毛剤には含まれている

育毛剤には上で述べた有効成分以外に、副作用があまりない天然成分や医薬品に分類される発毛成分も含まれている場合があります。

有効成分以外との表現で、効き目がない、効果がないと感じてしまいがちですがそうではありません。

医薬部外品ではない成分ということです。

育毛剤の有効成分は3つのタイプに別けられる

1.毛の成長を促す・・・ステモキシジン・t-フラバノン・パントテニルエチルエーテル・リジュリン・ツバメの巣エキス・ヒトオリゴペプチド-21(IGF)・イチョウ葉エキス・エビネエキス・Ⅼ-アルギニンなど

2.抜け毛の防止・・・キャピキシル・ピディオキシジル・冬虫夏草エキス・ノコギリヤシ・デュタステリド・フィナステリド・エチニルエストラジオール・ヒオウギエキスなど

3.頭皮環境の改善・・・アスコルビン酸・カシュウ・ピリドキシンHCI・アロエエキス・イラクサエキス・アセチルグルコサミン・アルニカエキス・イオウ・オウゴンエキス・ジフェンヒドラミンHCI・グリチルリチン酸ジカリウム・イソプロピルメチルフェノール・チョウジエキス・ヒノキチオール・ユーカリエキスなど

これら3つのタイプの中から、自分の頭髪、頭皮に対する悩みのタイプに合わせて選べば、より高い効果が期待できます。

この3つの効果は、独立したものでは無く同時に効果が期待できる商品も多数あります。

売れ筋の育毛剤に配合されている有効成分

イクオスEXプラスイクオスEXプラス・・・アルガス-3・センブリエキス・塩酸ジフェンヒドラミン・グリチルリチン酸ジカリウム・クジン抽出液・トコフェロール酢酸エステルなど

チャップアップチャップアップ(CHAP UP)・・・M-034・センブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・塩酸ジフェンヒドラミンなど

プランテルEXプランテルEX・・・リデンシル・ジフェンヒドラミンHCI・センブリエキス・塩酸ジフェンヒドラミンなど

フィンジアフィンジア・・・ピディオキシジル・キャピキシル・カプサイシンなど

ブブカゼロBUBKA ZERO ブブカ ゼロ・・・M-034・グリチルリチン酸ジカリウム・酢酸DL-α-トコフェロール、センブリエキス、クジン抽出液など

グロキシル【GROXIL(グロキシル)】・・・センブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・酢酸DL-α-トコフェロール・ヒアルロン酸・コラーゲン・ユキノシタエキスなど

ポリピュアEX ポリピュアEX・・・センブリエキス・バイオパップス・パントテニルエチルエーテル・グリチルリチン酸ジカリウム・バイオポリリン酸・ニンジン抽出液など

各有効成分の詳細

育毛剤の有効成分を説明する前に、医薬品に配合される成分について簡単に説明します。

医薬品の場合、多くはAGA対策として販売された商品がほとんどです。

その成分で有名なのが、ミノキシジルになります。

ミノキシジルの詳細は下記にてご確認ください。

リデンシル

リデンシルは、スイスの化粧品原料メーカーであるINDUCHEM社で開発がされた成分で、今世界中が注目をしている成分となっています。

頭皮なるバルジ領域を刺激することで、健康的な髪の毛を育てる働きがあります。

細胞への働きかけではなく、毛穴に直接働きかける成分であるため、これまでに育毛剤の効果を実感できなかった人にも効果的に働くことがあります。

毛母細胞を強くするのではなく、毛母細胞を作り出している場所を強くすることで、毛母細胞も強くしてしまう成分です。

また、頭皮の炎症を抑える働きがありますので、頭皮が不健康な状態になっている人にも効果的です。

リデンシルが入っている育毛剤を使うことで、髪の毛を洗っている時の感覚が変わることがあるかもしれません。

毛穴と頭皮を健康的にし、正常な髪の毛を成長させる働きがあるのがリデンシルです。

キャピキシル

キャピキシルは、発毛効果に優れると言われている育毛成分として有名なミノキシジルと比べても3倍の効果があると言われ、期待が寄せられています。

キャピキシルは、カナダのルーカスメイヤーコスメティック社が開発した育毛成分です。

実は、リデンシルと同じような構成になっているのがキャピキシルなのですが、違いがあるとすれば、抑制させる効果です。

男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンは、毛母細胞の中に入り込むと男性ホルモン受容体と結合して毛母細胞の細胞分裂を抑制して今う働きがあるのです。

これによって、ヘアサイクルは乱れ、髪の毛を作りだす毛母細胞や頭皮を正常な状態で保てなくなってしまうのです。

つまり、キャピキシルがジヒドロテストステロンを抑制することで、頭皮が不健康な状態になることを防いでくれているのです。

M-034

昔からワカメや昆布などの海藻類は髪の毛によいといわれています。M-034エキスはこの海藻のネバネバに含まれる成分の一種で育毛に対して高い効能を秘めています。

①成長維持因子グロスファクターの生成
②外毛根鞘(がいもうこんしょう)の増殖を促進
③血行促進
④保湿作用

M-034エキスは、育毛剤で使用される成分では注目度が高い成分の一つで、チャップアップやブブカゼロ、また、女性用の育毛シャンプーであるマイナチュレなど、男性・女性の育毛剤を問わず配合されています。

アルガス-3

アルガス-3は、イクオスEXプラスに含まれる有効成分の一つです。

アルガス-3は今まで育毛剤有効成分で効果が大きいと言われていたリデンシルやキャピキシルを超える効果があると言われています。

アルガス-3は、M-034に二つの海藻エキスであるペルベチアカナリクラタとカゴメコンブを独自配合しています。

日本臨床試験協会(JACTA)による育毛評価臨床試験を行った結果、キャピキシル5%配合ローション・リデンシル5%配合ローションよりもアルガス-3配合イクオスが非常に高い評価を得ました。

センブリエキス

センブリエキスとは、日本や中国、朝鮮半島に自生しているリンドウ科センブリ属の草からアルコールなどで抽出したエキスです。

苦味成分を有しており、「千回振り出しても(煎じても)まだ苦味が残る」ということから、センブリという名前が付けられました。

漢方薬の一つとして古来より胃薬として使われており、胃を刺激して血行を良くすることから、頭皮の血行を改善する育毛剤として使う研究がなされてきました。

皮膚温の上昇、皮膚毛細血管の増強などの作用があり、皮膚細胞の代謝改善、血行の促進や細胞分裂の活性化が確認され、近年、発毛促進効果があることが確認されました。

グリチルリチン酸ジカリウムやセンブリエキスは、市販の育毛剤や育毛トニックなどによく使用されている成分の一つです。

センブリエキスは、色々な育毛剤で使用されています。

育毛剤に含まれる成分数の比較

イクオスEXプラス・・・独自成分アルガス-3、5種類の有効成分と頭皮環境を整える成分16種類とアミノ酸19種類を含む、合計124種類

チャップアップ・・・3種類の有効成分と天然成分55種類+アミノ酸15種類の合計73種類

プランテルEX・・・3種類の有効成分と植物由来成分23種類+アミノ酸16種類の合計45種類

フィンジア・・・2種類の有効成分と10種類の毛髪成分+カプサイシンの合計13種類

ブブカ ゼロ・・・3種類の有効お成分と植物由来成分63種類の合計67種類

グロキシル・・・3種類の有効成分と植物由来成分27種類+ヒアルロン酸、コラーゲの合計32種類

 

ポリピュアEX・・・4種類の有効成分と植物由来成分16種類の合計20種類

 

まとめ

育毛剤には以前から有効成分がいろいろと配合されてきました。

M-034などは発表当時は育毛剤史上最高の有効成分と言われてきました。

その後、研究が進みキャピキシルやリデンシルの様な医薬品のミノキシジルを超えるとまで言われる成分が登場。

そして昨年、それらを上回る有効成分アルガス-3が登場しました。

次々と出てくる有効成分ですが、新しければ効果が出やすいのは当然ですが

すべての方に、すべての薄毛や抜け毛で悩む方に効果が出るわけではありません。

その他の含有成分についても多いに越したことは無いと考えますが、こちらも有効成分と同じで効果は人によって変わってきます。

それは、人それぞれ見た目や違うように、薄毛や抜け毛の原因も違えば食生活や日常生活も違います。

育毛剤を選ぶときは、まず実際に使った方の意見を聞いたり見たりし、なおかつ自分の状況に合うのはどれなのかを調べる必要があります。

これにより、より効果が出やすい育毛剤を手にすることができます。

今回お伝えした情報が、あなたの育毛剤選びにきっと役に立つと信じています。

スポンサー広告

育毛剤・発毛剤
kumalineをフォローする
Kumaline_Life

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました