家庭用生ごみ処理機【ナクスル】なら1秒で家庭の生ごみが消えてなくなる!

家庭用生ごみ処理機【ナクスル】なら1秒で家庭の生ごみが消えてなくなる!お役立ち情報
スポンサーリンク
家庭用生ごみ処理機ナクスル

皆さん、生ごみの処理はどうしてますか?

 

ゴミの日まで自宅でビニール袋に入れて置いたままですか?

 

その生ごみ、臭いが気になりませんか?

  • 洗い場のコーナーポットが邪魔
  • コーナーポットにぬめりが・・・
  • ゴミ袋に入れるけど臭いが・・・
  • 生ごみを室内に置いておくと衛星的に・・・

春から夏、そして秋と気温が上がるとどうしてもゴミの臭いが気になりますよね。

こんな生ごみの悩みを全部まとめて解決してくれるのが

室内用生ごみ処理機なんです。

 

蓋を開けて生ごみを入れる、1秒で生ごみの処理は終わりです。

 

最近では利用する人も増え、臭わないのと家事が楽になったと主婦の間で評判です。

今回は、この生ごみ処理機について説明していきます。

 

室内用生ごみ処理機ナクスルをご紹介

室内用生ごみ処理機ナクスル

今回は、室内用生ごみ処理機でも最先端を行く「ナクスル」を例にとってメリット、デメリットなどを説明をしていきます。

 

臭わない・手間がない・音がない 生ごみ処理機ナクスル(NAXLU)

室内用生ごみ処理機ナクスルを置くメリット

まずは、室内用生ごみ処理機ナクスルを置くメリットについて説明します。

 

キッチンから生ごみが消滅する

生ごみ

室内用生ごみ処理機ナクスルを、キッチンの洗い場の足元に置いておけば、残飯や野菜の皮、果物の皮などをその都度投入するだけで分解してくれるので生ごみの嫌なニオイが残ることはありません。

この室内用生ごみ処理機ナクスルは生ゴミの悪臭成分を99.84%除去してくれるので、まったくといって良いほどニオイを気にすることはありません。

料理を作っているときに生ごみのニオイがしてきたら料理の味にまで影響しそうで嫌ですし、キッチンが生ごみ臭いのって嫌ですよね。

 

流し台から三角コーナーが消える

流し台から三角コーナーが消える

皆さんは洗い場にコーナーポット(三角コーナー)を置いてますよね。

洗い場に多くの食器や鍋、フライパンなどがあるときって、この三角コーナーって邪魔になるんですよね。

邪魔なもんだから、あっちに移動させてみたり、いったん洗い場の外に置いてみたりと

しかも三角コーナーって時間が経つにつれてぬめりが付いたり細かな残飯が付着して見るからに気持ち悪いんですよね。

 

そこで室内用生ごみ処理機ナクスルを置けば三角コーナーは不要になります。

 

生ごみが発生してもその都度投入すればいいので三角コーナーが必要なくなります。

三角コーナーがなくなれば、夏場に多いコバエが生ごみ周辺を飛び交うこともなくなります。

 

見た目も清潔に保てるし、嫌な臭いも発生しないので、衛生面でも良いことだと思うんですよね。

 

有機肥料として再利用できる

溜まったら有機肥料として再利用

室内用生ごみ処理機ナクスルで溜まったものは有機肥料として再利用できます。

流行りの家庭菜園をやっている家庭では生ごみを肥料代わりにしているところも多いといいます。

でも、土に生ごみを埋めても土に還るには3~4か月はかかってしまいます。

その間は菜園として使うことができないため非常に手間がかかります。

しかもニオイが出ますのでネコやカラスに荒らされてぐちゃぐちゃにされることもありますよね。

しかし、家庭用生ごみ処理機ナクスルであれば、ニオイを発しないので土に埋めても荒らされることは無いし、まとまった肥料として使えるので他の場所に保存しておくことも可能になり非常に便利です。

 

室内用生ごみ処理機ナクスルのデメリット

ナクスルの価格

価格の問題

デメリットの一つとしてまず考えられるのは、その価格です。

室内用生ごみ処理機ナクスルのお値段は

109,000(税別) 税込みだと119,900

はっきり言って、良いお値段がします。

 

でも、考えてみてください。

生ごみの投入から分解が完了するまですべて自動で行なってくれる上に、消費電力も抑えられておりニオイの発生もほとんどないといった高性能なんです。

また、この金額で世界5か国の累計販売台数が15万台を突破したということは、それだけ需要があったということになり、それだけの価値があるということではないでしょうか。 

そして、詳しくは後で触れますが

各自治体の助成金が受けられることがあります!

 

サイズの問題

生ごみ処理機ナクスルのサイズは 38.5×奥行43×高さ58です。

キッチンの足元に置くにはちょと大きいですよね。

大きさ的には、家庭で使っているゴミ箱35L40Lサイズくらいの大きさです。

生ごみ用にキッチンにゴミ箱を置いてあるのであれば、それと交換して置けるサイズではあります。

この大きさには理由があります。

このサイズで1日の生ごみ処理能力が1~1.5㎏です。

そして、溜まった中身を取り出すのに3人暮らしの家庭なら1年に一回で済みます。

このサイズを小さくしてしまうと当然処理能力が下がるので中身を取り出すサイクルも短くなり面倒です。

最近の一般的な家庭で便利さを考えれば、この大きさになっても仕方がない感じです。

 

室内用生ごみ処理機ナクスルの分解動画

ここで、室内用生ごみ処理機ナクスルの動作の動画がありますので見てみましょう。

ナクスル(NAXLU)分解動画 [家庭用生ごみ処理機ハイブリッド式]

ナクスルで捨てられるもの

室内用生ごみ処理機ナクスルへ捨てることが出来るものを調べてみました。

 

一般的な生ごみは当然ですが、

なんと魚の内臓や骨も処理してくれます。

 

下が公式に紹介されているナスクル生ごみ処理機に入れられるものと入れられないものです。

ナクスルで処理できるもの

こうしてみると、結構いろんなものが捨てられます。

魚だけでなく卵の殻やエビの殻なんてよく生ごみで出ますから、処理できるのは助かります。

牛骨や豚の骨はダメ見たいですが、鶏の骨は分解できるようです。

 

時期的なもので牡蠣のカラなども出る場合がありますが、これはダメでした。

 

でも、魚は骨でも皮でも大丈夫ですので、臭いの出やすい魚の処理が出来るのは良いですよね。

 

室内用生ごみ処理機ナクスルの価格

ナクスルの価格は先にもお伝えしましたが

109,000(税別) 税込みだと119,900

30日間の返金保証が付いています。

 

また、1年間ですが無償修理保証もついています。

 

今頃の製品ですので、当然省エネ設計で静音使用となっています。

 

室内用生ごみ処理機ナクスルの詳細確認やご購入は下記より可能です。

生ごみ処理機の助成金について

室内用生ごみ処理機ナクスルの金額は10万円超えと高額です。

でも自治体の助成金が活用できる場合がありますので、住んでいる自治体によっては安く済ませることも可能ですよ。

 

例えば、私の住んでいる香川県高松市なら16,000円の補助が付いています。

東京都府中市なかですと6万円の補助が出ています。

 

下より、あなたの住んでいる自治体の生ごみ処理機の助成を確認してみてください。

生ごみ処理機助成金制度について、見てみる

 

まとめ

今回は、臭いや衛生面を気にする方が購入され使われいる室内用生ごみ処理機ナクスルのを取り上げて説明しました。

昔あった生ごみ処理機と違い、小型になり室内に置けるようになっています。

また、処理能力も高く溜まったものを取り出すのは、3人家族で1年に1回で良い点など嬉しい性能も備えています。

一般的なご家庭、4~6人家族でも半年以上が何もせずに生ごみを入れるだけで良いなんて凄いですよね。

自治体の助成金については、毎年のように変更があるようですのでなくならないうちに検討をした方が良いようです。

室内用生ごみ処理機ナクスルで、清潔なキッチンを保ちましょう!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました