昔からの健康食「納豆」と今頃の健康食「ヨーグルト」

健康に良い食べ物として誰もが認める、納豆とヨーグルト

どちらも発酵食品で、血圧降下、免疫力アップ、風邪予防、便秘解消、整腸、美肌などたくさんの健康効果があると言われています。

でも皆さんは、そんな健康に良い納豆、ヨーグルトの効果を台無しにする食べ方をしていませんか?

今回は、この健康食の食べ方(食べる時間や組み合わせ)によって健康効果が飛躍的にアップする方法をご紹介します。

納豆、ヨーグルトを食べているのに悪玉菌が多い?

納豆やヨーグルトを好んで多く食べているのに、腸内細菌の状態を検査をすると善玉菌の割合が少なかったり、善玉菌より悪玉菌が多かったりと不思議な結果が出たりします。

この様な方は、せっかくの健康食を無駄にする食べ方をしているんです。

効果を無駄にしている食べ方とは

納豆は、毎朝食べてますよ。アツアツのご飯に納豆を混ぜて・・・

毎日のように、朝一番にヨーグルトを食べてる・・・

など、食べる時間や食べ方が効果を無駄にしています。

不思議な感じだと思いますが、その理由は明確です。

無駄になる食べ方、正しい食べ方

朝一番のヨーグルトは無駄になる

朝起きて、まずはヨーグルトを食べる方、朝は何がなくてもとりあえずヨーグルトだけは食べるという方。

朝イチのヨーグルトはもったいない

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌は胃酸に弱いので、朝一番で空腹時に食べると多くが胃酸にまけてしまう可能性があります。

胃酸によって弱められた状態でも善玉菌のエサになるので少しは効果はありますが、少しでも多く生きた菌を腸に届けるためには胃酸が薄まった食後に食べることをお勧めします。

ヨーグルトは大容量を買い、小分けに食べている

ヨーグルトを大容量で買い、毎日少しずつ食べているという方。

ヨーグルトは開封後すぐに食べきる

食べきりサイズの物を買い一度で食べてしまう方が良いです。

乳酸菌やビフィズス菌は空気に触れると、活性度が落ちてしまう(効果が薄れる)ため、開封後は早く食べないと無駄になります

二日に1回はヨーグルトを食べてますよと言う方

毎日は食べないけど、二日に一度の割合で食べてますよという方。

ヨーグルトは毎日食べよう

加齢とともに腸内のビフィズス菌は減ってくるので毎日食べないと無駄になります。

善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維(キウイやリンゴ)やオリゴ糖(バナナやはちみつ、きな粉)をとって、腸内で善玉菌を育てることも大切です。

毎朝、納豆を食べてますよという方

納豆と言えば朝食の定番ですが、納豆にはナットウキナーゼという血液をサラサラにして血栓を予防する成分があります。

心筋梗塞は夜中から明け方に発生することが多い

ナットウキナーゼの血液サラサラ効果は食後12時間程度なので中性脂肪やコレステロール値が高い人の場合は、夕食時に食べることをお勧めします。

納豆は、毎食1パックは食べてるという方

健康に良いって聞いたから毎食納豆を食べてるよという方。

納豆の食べすぎに注意しましょう

納豆には尿酸値を上げる原因であるプリン体が多く含まれています。

プリン体は、痛風のリスクが高くなるので、1日1パックくらいが理想です。

炊き立てのアツアツご飯に納豆という方

炊きたてのアツアツご飯に納豆を乗せる人は非常に多いですね。

でも、ナットウキナーゼは熱に弱いので、熱いご飯の上に乗せると成分が薄れる可能性があります。

納豆はアツアツのご飯では食べない

また、納豆菌が作るビタミン群には肝臓の炎症を抑える効果がありますが、ビタミンB群は熱に弱い性質があります。

ですので、特に肝機能の数値が高い人は冷めたご飯「冷やご飯」で食べることをお勧めします。

納豆に卵を混ぜる という方

納豆を食べるときには、卵を割り入れてるという方は多いと思います。

納豆には黄身だけを混ぜましょう

納豆に卵を混ぜることは定番ですが、卵白をのぞいた黄身だけを混ぜると良いです。

卵の卵白に含まれるアビジンという成分が、納豆に含まれる美肌成分ビオチンと結合して美肌成分の吸収を邪魔してしまいます。

納豆に卵を入れる場合は、卵黄だけがお勧めです。

ひきわり納豆は、いまいちという方

ひきわり納豆より粒納豆の方が良いという方。

粒納豆よりひき割り納豆の方が栄養価は高い

ひきわり納豆は砕いた大豆を使用し、表面積が大きいので納豆菌による分解が進み、発酵時のビタミンなどが粒納豆より増えます。

ひきわり納豆では、ビタミンKは粒納豆の1.6倍、パントテン酸(ビタミンB5)は1.2倍多くなります。

健康のためなら、ひきわり納豆がお勧めです。


すごいぞ納豆菌 納豆キナーゼ

納豆に最高にあう組み合わせ

これは定番ともいえる組み合わせ、「納豆+ネギ」です。

ネギの辛味成分「アリシン」が、納豆に含まれる疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を上げてくれるといいます。

そして、最強なのが「納豆+キムチ+オリーブオイル」の組み合わせ。

キムチも発酵食品だが、キムチの植物性乳酸菌はヨーグルトの動物性乳酸菌より生きて腸まで届きやすいので、善玉菌を増やす納豆と合わせると整腸パワーがアップします。

また、オリーブオイルのオレイン酸には腸のぜん動運動を促す効果があります。便が油分を含むので腸内でのすべりが良くなり、便秘解消が期待できます。

オリーブオイルの目安は納豆1パックに小さじ1杯程度をお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?

納豆にヨーグルト、健康に良いとは知っていたけど食べるタイミングや組み合わせによってその効果は大きく違ってきます。

せっかく健康のために食べているのですから、より効果的に食べたいいものです。

適量を適切な時間に効率よく、これが健康への近道ではないでしょうか!


すごいぞ納豆菌 納豆キナーゼ

最新情報をチェックしよう!