初心者の私がワードプレス(WordPress)で自分のサイトを作った手順

シェアする



以前に私のブログでワードプレスをちょっとだけ取り上げましたが、今回は私が初めてワードプレスでブログを作った方法を簡単に紹介します。

難しいイメージのWordPress(ワードプレス)ですが、きちんと手順通りにやっていけば簡単にブログを始められます。

これ見たらWordPressでブログをはじめられるよ!

はてなブログなどで、自分のブログは作ってるけどワードプレスで自分の専用のブログを持ちたいと思っている方は参考にされてください。

WordPress(ワードプレス)で ブログを始める方法(手順)

ワードプレスでブログを作る手順を、図に表してみました!

WordPress(ワードプレス)で ブログを始める方法(手順)

順番を見ると

順番

なんとなく難しそうですが、初めてでも1時間くらいで出来ますよ!

私が初めて作った時は、40分くらいで出来ました!

サーバーの契約(エックスサーバーを使用)

まず最初に行うことは、サーバーに申し込みをすることです。

サーバーにも色々あるのですが、私はエックスサーバー を使いました。初心者にもやさしいサーバーでお勧めです。

エックスサーバー(Xサーバー)をお勧めする理由

なぜ、いろいろあるサーバーの中からエックスサーバーなのか?おすすめする理由を書いておきます。

これは、興味のない人は飛ばしていただいて大丈夫ですよ!

  • 必要な機能がすべて揃っている
  • 安いプランでもサーバーが安定している
  • 無料で独自SSLが使用できる
  • 使用者がとにかく多いので、困ったときに情報がたくさん出てくる(重要)

エックスサーバーはブロガー・アフィリエイターに人気のサーバーで、全体の約7割の方が利用している、何よりも利用者がとても多いサーバーです。

料金・機能面でも業界トップクラスで、サーバーも安定しているため、新しく始める人には安心してお勧めできます。

私も他のサーバーをいくつか試しましたが一番使いやすいと感じました。

人気のないサーバーだと、困ったときに検索しても出てこないのが困ります

XSERVER(エックスサーバー)がドメインを無料プレゼント中! 期間限定

エックスサーバーが期間限定で「ドメイン無料!」というキャンペーンを行っています。

期間は現在のところ、2020年4月30日までです。

※キャンペーンは延長される可能性があります。

ドメインは年間でも1000円程度と高価なものではありませんが、無料になるのは普通にお得ですね! しかも1年ではなく、ずっと無料です。

キャンペーン期間中にブログを開設する人はラッキーですね。

今回は、この無料ドメインを使う場合で案内するページを作成しました

※ドメインについては下記の記事を参照ください。

ワードプレスって何?サーバーって何?私も同じ状況でした

サーバー契約手順①:エックスサーバーに申し込みを行う

まずはのエックスサーバー トップページへアクセスします

エックスサーバーにアクセス

 

Xサーバー申し込み

無料体験申し込み

  1. 画面上のメニューバーからお申込みをクリック
  2. 画像のようにタブが開くので、サーバーお申込みフォームをクリック
  3. 左の10日間無料お試し、新規お申込みをクリック

順番にクリックすると、入力画面になるので必要事項を入力します。

入力画面

サーバーID(初期ドメイン)を入力

これはエックスサーバーのIDなので、ブログ(サイト)のURLとは一切関係ありません。

今後のブログ(サイト)とは何も関わってこないので、深く考えなくても適当な文字列で大丈夫です。(忘れないようメモしておきましょう)

プランを選ぶ

3つのタイプがありますが、個人ブログ・サイトならX10 (スタンダート)プランで充分です。(私のブログもX10で運営しています)自分もこれで困ったことは一度も無いですし、万が一物足りなければ途中で変更も可能です。

もし、月100万PVを超えるようになったら初めてX10より上のプランを検討するのがおすすめです

続いて、メールアドレス、住所、氏名、電話番号等の個人情報を入力する

利用規約と個人情報に関する公表事項に目を通してチェックする

「お申込み内容の確認へすすむ」をクリックします

内容確認後、SMS・電話認証を行います

認証

SMS・電話認証へ進むをクリックします。

クリックしたの画面です

認証画面です

①日本に住んでるなら日本でOK

前画面で入力した電話番号が既に入っているので特に触らないでOK

②テキストメッセージで受信または自動音声通話で受信のどちらかを選びます

③「認証コードを受信する」をクリックします

 
受信方法はどちらでもOKですが、テキストメッセージは携帯にショートメールで送られてきます。
 
すると
  • テキストメッセージの場合 ⇨ SMSが届きます
  • 自動音声通話の場合 ⇨ 電話がかかってきます

そこで伝えられた5桁の番号をこちらに入力してください

認証コード入力

届いた認証コード入れて「認証して申し込みを完了する」をクリックすると、画面がこのように切り替わります。

入力完了画面

すると登録したメールアドレスにメールが届きます。

 

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[使用期間](~~~~~.xsrv.jp)

 

というタイトルのメールが来ます。

そのメールにはアカウント情報が記載されています。

登録完了メール

ここに記載されているIDとパスワードはこの後使うから控えておこう!

サーバー契約手順②:サーバー料金を支払う

ここまでは仮契約の段階なので、料金の支払いを行います。

※注意点

支払いが完了してなくてもログイン出来ますので、つい支払い忘れてしまう事がありますので、すぐに払っておいた方が良いです。

何故なら「後でいいや」と放置して、そのまま支払いを忘れてしまうと、苦労して行った設定が全てやり直しになってしまいます……

料金の支払いは早めに、必ず行っておきましょう

 

先ほどのメールから「Xserverアカウント(旧インフォパネル)」にログインします。

サーバーインフォパネル

  • メールに記載されたXserverアカウントID(もしくはメールアドレス)
  • Xserverアカウント(旧インフォパネル)パスワード

を使ってログインしましょう。いずれも先ほどのメールに記載があります。

※注意点

送られてきたメールにはサーバーアカウント情報とユーザーアカウント情報があります。

ここでは、ユーザーアカウント情報を使います。

料金の支払いをクリック

ログインが出来たら、画面左の「決済関連」にある「料金のお支払い」をクリックします。

表記が「料金のお支払い/請求書発行」になっていることがありますが、問題ありません。

少し下にスクロールして「お支払い伝票の発行」の部分を入力します。

支払い方法選択

  1. チェックを入れる
  2. 更新期間を選択する(自分は1年にしています)
  3. 「お支払い方法を選択する」をクリック

あとは料金を確認してお支払いすればOKです。

支払い方法は

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • ペイジー払い

から選択できます

これでサーバーの準備(契約)が完了です!

これで一つ目サーバー契約は終わりです!

ドメインの契約手順

ここでは、エックスサーバーのキャンペーンドメイン(サービスドメイン)の取得方法をお伝えします。

せっかく無料で頂けるので、是非利用しましょう!

複雑に見えますが、手順通りにやる簡単に取得出来ますよ!

 

では、手順を説明します。

登録時のメールから「Xserverアカウント(旧インフォパネル)」にログインします。

サーバーインフォパネル

  • メールに記載されたXserverアカウントID(もしくはメールアドレス)
  • Xserverアカウント(旧インフォパネル)パスワード

を使ってログインしましょう。いずれも先ほどのメールに記載があります。

※注意点

送られてきたメールにはサーバーアカウント情報とユーザーアカウント情報があります。

ここでは、ユーザーアカウント情報を使います。

キャンペーンドメインをクリック

クリックすると「キャンペーンドメイン申請フォーム」に移動します。

キャンペーンドメイン同意

規約をよく読んで「同意する」をクリックします。

同意をクリックするとページが変わりますので、ここで「独自ドメイン」の欄に、自分の好きなドメイン名を入力します。

ドメイン記入

ドメイン記入の右横「.com」の部分は、そのままがおすすめです(他のでもOKですが、「.com」が最も一般的です)

ドメインは早い者勝ちなので、既に他の人が使っているドメインは使う事が出来ません。

記入したドメインが使用できないときは他のドメイン名に変えてください。

キャンペーンドメインを、エックスサーバーに設定する

次に取得したキャンペーンドメインをエックスサーバーに設定します。

難しそうですが、意外と簡単ですので安心してください。

まず、先ほどまでと同じようにエックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

サーバーパネルへログインが出来たら、右上の「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン設定

ドメインの設定をしていきます。

ドメイン記入

先ほど自分が習得したドメインを「ドメイン名」の所に入力します。

私の場合は「kumaline2.com」というURLで取得したので、そのまま入力しました。

入力出来たら「確認画面へすすむ」をクリックします。

ドメイン入力

確認画面になるので、右下の「追加する」をクリックします。

すると、このような画面になります。

ドメイン確認画面

これで、ドメインの設定は終わりです。

独自 SSL設定の手順

再びサーバーパネルに戻り、今度は「SSL設定」をクリックします。

独自SSL設定

ここでSSLの設定をします。

独自ドメイン入力

  1. 「独自SSL設定の追加」タブを選択
  2.  SSL化したいドメインを選ぶ
  3. 「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックする

これだけでOKです。

SSL反映待ち

最大1時間程度反映にかかるのでご注意ください!

反映には時間がかかるよ! すぐに表示されなくても失敗じゃないからね!

WordPressをサーバーにインストールする手順

ここまで、お疲れ様です。あと少しですので頑張りましょ!

サーバーとドメインの紐付けも完了したので、いよいよワードプレスをインストールします。

といってもここまで来たらもうほぼ終わったようなものなので、簡単に出来ます。

まずは、サーバーパネルから左下の「Wordpress簡単インストール」をクリックします。ワードプレスインストール

ドメイン選択画面に切り替わるので、インストールするURLを選択します。

ドメイン選択

画面が変わりますので、「WordPressのインストール」を選択します。

ワードプレスインストール

WordPressのインストールをクリックすると、必要な情報の入力欄になります。

必要事項記入

  • サイトURL:そのままでOK(入力無し)
  • ブログ名:ブログタイトルが決まっていれば入力(後から簡単に変更可)
  • ユーザ名:ログイン時に使用するので自分で覚えやすい物にするかメモを残しましょう
  • パスワード:同じくログイン時に使用するので忘れないように注意。
    ※パスワードはセキュリティを考慮して、必ず英数字、記号を混ぜて8文字以上のものを設定しましょう。(もしあれば以下も記入)
  • メールアドレス:自分のメールアドレス。そんなに頻繁にメールが送られてくることは無いです
  • キャッシュ自動削除:「ON」のままでOK
  • データベース:そのまま「自動でデータベースを生成する」でOK

入力できたら、右下のインストール(確認)ボタンをクリック→内容を確認して間違いが無ければ「インストール(確定)」をクリックしてください。

インストール確認

インストールが完了すると、ログイン・編集時に必要な情報が表示されます。

必ずメモ等に控えるようにしてください!

※注意事項

インストールには若干の時間がかかりますので、確定を何回も押さないでください。エラーとなってしまします。

 

ワードプレスのログイン画面にもここからアクセス出来ます

上記のURLにアクセスして、その下に書いてあるIDとパスワードを入力すればワードプレスの管理画面にログインする事が出来ます

URLをクリックした際に、以下のような表示が出る場合があります。

・無効なURLです。

・プログラム設定の反映待ちである可能性があります。
しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。

と出てしまっても問題ありません。数時間放置すると、紐づけが正式に完了します。

ログインページは今後何度も利用することになるので、ブックマークに入れておくことをおすすめします。

 

※お助け情報

自分のログインURLがわからなくなった場合は、自分のドメインの最後に「/wp-admin/」と入力してください。

そのURLが、ログインURLになります。覚えておきましょう。

以上でワードプレスのインストールは完了です! お疲れ様でした!!

よく頑張りました!これでワードプレスデビューです!おめでとうございます!

ワードプレスの最初に最低限やるべきな設定

ワードプレスデビューで最低限、これだけやっておかないと駄目ですよってことを紹介します。

いろいろ設定はありますが、最低限これだけはやってください!

自分のワードプレスにログイン

先にインストールしたURLをクリックします。

ワードプレスログイン画面

先ほどの

  • 「ユーザー名(もしくはメールアドレス)」
  • 「パスワード」

を入力して「ログイン」をクリックするとワードプレスの管理画面(ダッシュボード)に入ることが出来ます。

①基本設定 URLをhttp→httpsに変更する

独自SSLを設定した方は、ホームページのURLを

httpからhttpsに変更します。

※SSL化をしていない場合は行わないでください。

 

SSLとは、インターネット上での通信を暗号化する技術です。

主に個人情報を入力するフォームで第三者によるデータの盗聴やなりすまし、改ざんなどを防ぐために用いられています。

現在では、個人のブログなどでもSSLの設定は必要ですので頑張って導入しましょう。

SSLを設定

管理画面左下の「設定」→「一般」をクリックします。

設定箇所

一般設定では、デフォルトで既に大体入ってると思います。

今回やることは3つです。

  1. キャッチフレーズを空欄にする
  2. WordPressアドレス(URL)の「http://~」に「https://~」と「」を付け足す
  3. サイトアドレス(URL)の「http://~」に「https://~」と「」を付け足す

この変更をしておかないと、SSL化した意味がありません。必ず変更しましょう。

キャッチフレーズに関しては、使用するテンプレートによってはSEO上、不利な設定になってしまう場合があります。

詳しく無い場合は空欄にしておいた方が無難です。

このSSLの設定も最大1時間程度反映にかかるのでご注意ください!

ご自分のページURLをクリックして「無効なURLです」と出ても失敗では無いのでご安心ください。

②「http」から「https」へのリダイレクト設定

ここまで手順通りに作った皆さんはSSL化をしたため、「https://」から始まるURLが正しいURLで「http://」から始まるURLは間違いです。

そこで、この設定は

間違えて「http://」から始まるURLを入力したり、リンクが張られたりした場合も正しい「https://」のURLに飛ばすという設定です。

試しに当サイトから「s」を抜いて「http://」から始まるURLにアクセスしてみてください。

http://kumalin2.com

こちらにアクセスしても、きちんと正しい「https://」から始まるURLに飛んだと思います。

そのための設定をここでは行います。

説明の意味がわからない! という人も、とりあえずやっておきましょう。

リダイレクト設定手順

サーバーパネルにログインし、「.htaccess」を編集します。

htaccess設定

ドメイン名一覧が出るので、自分の取得したドメインの横にある「選択する」をクリックします。

続いて「.htaccess編集」タブをクリックします。

編集するドメイン選択

編集前

※注意事項

この画像と文字列が違う場合がありますが、違っても問題ありません。

ここで必要な記述を消したりしまうと、ブログが表示されなく恐れがあります。

事前に書いてあった部分はメモ帳等にコピペしてから行いましょう。

記載通りにやれば問題は無いですが、万が一ミスをしてしまいブログが表示されなくなったら、そのコピペした物を使って元通りにしましょう。

コピペミスは無いようで実は多いので、ご注意ください。

先頭に

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] </IfModule>

と入力してください。

こんな感じです。

変更後

元々入力されている文字列は上の画像とは変更されている可能性がありますが(上に何もなかったり、数行違うコードが入っている事がある)、手順はそのままでOKです

一番上に、先ほどのコードをコピペしてください。

あとは右下の「.htaccessを編集する(確認)」⇒再度右下の「.htaccessを実行する(確定)」

をクリックしてリダイレクトの設定完了です。

試しに「http://」から始まるURLで自分のサイトにアクセスしてみてください。

「https://」から始まるURLに繋がればリダイレクト出来ています

もしもエラーが出る場合は、

  1. 一度コピーしておいた元の文字列に戻す
  2. 再度、上のコードをコピーする

以上を再確認してください。

これで100%出来ますので、何度かお試しください。

③パーマリンクを設定する

パーマリンクとは記事ごとの個別URLの事を言います。

この設定は途中で変更するとSEO的にまずい事になるので、必ず初めにやっておきましょう。

パーマリンク設定

ダッシュボードから左下の「設定」→「パーマリンク設定」へと進みます。

パーマリンク変更

①一番下の「カスタム構造」にチェック

②「/%postname%」と入力

入力が完了したら下にある「変更を保存」を押せば、パーマリンクが設定出来るようになります。

記事作成画面で「編集」ボタンを押せば、好きなURLに変更出来るようになります。

記事のタイトルを記入しないと、パーマリンクが表示されません!

何でも良いのでタイトルの部分に文字を入力してみてください

パーマリンクは原則としては英語で入力します(私は面倒なのでローマ字で書いています)

日本語でも出来るには出来るのですが、HTML上での記述がやたらに長くなってしまうため非推奨です。

グーグル翻訳とかを使いながら、記事のタイトルに合った簡単な英語を当てはめましょう。

とはいえ文字列は、そこまで重要なわけでは無いので、最低限意識するだけで大丈夫です。

④プラグインを整える

ワードプレスの大きな特徴として「プラグイン」と言うものがあります。

標準のワードプレスにはない機能が「プラグイン」という形で配布されています。(無料の物が多くあります)

それらを追加インストールする事によって、自分のサイトに様々な機能を追加する事が出来ます。

例えば

  • 吹き出し機能
  • お問い合わせフォーム
  • 目次

何かは簡単に、それもカスタマイズもある程度自由度の高いものを作ることが可能です。

この「プラグイン」がワードプレスを使う大きな理由だという人も多いです。

今回は各プラグインの詳細は省きますが、代表的なもの(入れることをお勧めする)だけ紹介します。

 

その前に、プラグインの追加方法の簡単な説明です。

①ダッシュボードからプラグイン⇒新規追加をクリック

②プラグイン名を検索して、今すぐインストールをクリック

これでOKです。

 

最低限入れておいた方が良いプラグイン

・All in one SEO Pack

グーグルアナリティクスやサーチコンソールなどもこのプラグインを使っています。

・Google XML Sitemaps

サイトマップの登録というのをしておく必要があるので、そのためにこのプラグインを使います。

これは新規記事の投稿やリライトした記事の更新などを、Googleに伝えるために必要です。

もちろんしてないと反映されないなんてことは無いのですが、しておいた方が確実です。

せっかく作ったブログを見てもらう上でも大切です。

詳しい設定方法は別途検索をしてみてください。

必須では無いが、あると便利で捗るプラグイン

・Jetpack(ジェットパック)

サイトのアクセス統計を取ることができるプラグインです。

Table of Contents Plus

自動で目次を作ってくれるプラグインです。

・TablePress

テーブル(表)を簡単に作成できるプラグインです。

・Contact Form 7

お問い合わせフォームを作ることができるプラグインです。

・Speech bubble

吹き出しを使って、会話のようにも見せられるプラグインです。

EWWW Image Optimizer

WordPressにアップロードされた写真を圧縮してくれるプラグインです。

・Autoptimize

HTML/CSS/JavaScriptといったコードを圧縮して高速化を促してくれます。

・WP Super Cache

「キャッシュ」を利用して、WordPressがページ出力する時間を短縮するプラグインです。

・Lazy Load

画像の読み込みを見える範囲だけにすることで、サイトの読み込み速度を速くするプラグインです。

 

他にも入れると色々捗るプラグインはあるので検索してみてください。

ただ、あまりにもたくさん入れるとサイトが重くなったりして、結果的にユーザーにとって不利益なサイトになってしまいます。

ラグインの入れ過ぎにはご注意ください

テーマでデザインを変更

ワードプレスは、ワードプレステーマというのを使うと綺麗なデザインになったり、便利な機能を使用できます。

最初はもともと入っているテーマを利用してブログを作ることで問題は全然ありません。

ですが、慣れてくるとやはり浴が出ますよね。

もっと見た目を綺麗にしたい、格好良くしたいなど

そんな時はテーマを変更することで自分好みのブログにすることが出来ます。

このワードプレステーマには、無料と有料がありますので自分に適したものを探して使ってください。

無料と有料の違いは、カスタマイズの範囲の違いや、ブログの使用方法の違いなどで起こる見せ方にこだわりがあったりといろいろあります。

この辺りは、ワードプレスを使っていく上での楽しみとして活用されると良いと思います。

まとめ ワードプレスでブログを楽しく!

こんな感じでワードプレスでのブログの始め方の説明は終わりです。

長らくお付き合いいただき、お疲れ様でした。

万が一この通りにやったけどわからない! という場合は遠慮なく質問してください。

私もまだまだ初心者ですので専門的なことはわかりませんが自分が体験してきたことは説明できます。

テーマやプラグイン等、ワードプレスは本当に奥が深いです。

この辺りは私も勉強を続けていくことになります。

ワードプレスは触りだすと面白いですよ、設定がうまく行ったときなんて嬉しくて嬉しく・・・

皆さんも是非、お試しください。

スポンサーリンク


フェリシモ「コレクション」

シェアする

フォローする