衣類ケースの中から着時間をかけずに着たい服が見つかる収納テクニック

お役立ち情報
スポンサーリンク

あなたは衣装ケースの衣服を漁りながら毎日何を着ていこうか悩んでいませんか?

悩む人


新しいタンスに買い替えたり、何か収納グッズを購入する必要はありません。

単純に今現在お洋服を収納している場所にある一工夫をするだけで一気に見栄えが良くなります。


取り出す手間も無くなり、毎日お洋服を選ぶだけの些細な日常がワクワクする瞬間に変わる方法をご紹介します。


実際に既に行っている方も居るかもしれませんし、知れば「こんな簡単なこと…」な情報かもしれませんが、意外とこうした事が出来ていないまま何十年も暮らしている方たちが多く、それは非常に勿体無い。
何よりおしゃれを楽しむモチベーションの低下にもつながります。是非今日から実践してみましょう。

洋服を積み重ねるのではなく立てて収納することで洋服が探しやすくなる

実際に行う手順としてはシャツやデニム等お洋服を畳んだ後に、寝かさないで立て掛けて収納する事と、アウター類を全てハンガーに掛けるだけです。

ラックに掛ける

 

寝かせてしまったり、そのままクシャッと収納してしまうから、下にあるお洋服が見えなくなり、使用回数が激減し結局いつも上にある同じお洋服を着ているという事になります。

その対策としてまず全て立ててしまいましょう。

柄が見えるように折り畳んでしまえば、上から見ただけでバイキングのように好きな物が選べます。


上手く立たない場合はブックエンドや、お菓子/靴の空き箱で空間を区切ってしまう事も一つの対策です。


アウター類に関してはパーカーなどの柔らかい生地の物は同じように折って収納しても問題ありませんが、ジャケットやブルゾンなど、掛けていた方がお店のディスプレイ風でカッコいい、と思えるものは是非ポールなどで別に保管しましょう。

立てて収納すれば1日3分時間短縮できる

普段あなたが洋服を探している時間が長ければ長いほど時間短縮になります。


朝の貴重な時間を少しでも有効に使いたいという方にはおすすめです。


私の場合はこれを実践する前と後では大体3分ほど時間短縮をできています。


1か月(30日)だと約90分も時間短縮しているんです。
とても大きいですね。

そして、ルーティンとしてお洋服を選んでいただけの日常から、今日はどれを着て行こうかしら、と毎日のお洋服選びが楽しくなる事間違いなしです。


一着一着がしっかりと存在感を出してくれるので、もう着ないから捨てよう、とお洋服自体を見つめなおす機会にもなりますし、着用のペースが分散されるから一つ一つのライフスパンも比例して伸びます。


更に、アウター類は掛ける事で自重によりシワが伸びてくれる為アイロン回数が必然的に減ります。

アイロンがけ


同じアイテムでも、押し込まれていた物と、ゆとりを持って掛けられていたものでは発するオーラは全く違うものになります。


最終的にお洋服の総数を把握する事にも繋がるので、下着や靴下などインナー類の場合は特に「同じもの(似たようなもの)を買ってしまった」といった事が無くなります。

無駄なショッピングが減るので家計に優しいでしょう。

洋服以外にもいろいろな収納に使える

この方法はお菓子の収納や、お風呂場のタオル収納にしろ全く同じ事が言えます。


特にタオルは積み重ねていくと順番が変わってしまう事でこれも同様に一つのタオルの寿命に差が生まれてしまいますが、立ててカゴか何かに入れてしまえばその日の気分で色や柄を選ぶことが出来ます。


「昨日は白だったから今日は黒」という具合に。

まとめ

まず最初に全て立てるという作業をするハードルはあるかもしれませんが、そこさえ突破してしまえば、あとは面倒くさがりでも意外と継続出来ます。

頑張っていきましょ!


靴下を洗濯した際に片方の靴下が行方不明にならない方法


排水溝のぬめりを、手を汚さずに綺麗にする方法を紹介

2人暮らし用節約レシピで忙しい時でも簡単に作れる料理を紹介

スポンサー広告

お役立ち情報
kumalineをフォローする
Kumaline_Life

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました