【育毛剤と発毛剤の違い】なんと90%もの人が誤解したまま使用

シェアする



薄毛で悩む人

薄毛や抜け毛、そして生え際の後退と多くの人が抱える髪の毛や頭皮の悩み

どうしても気になり、何を使えばいいのか?何を買えばいいのか?わからないままドラッグストアやネットショップでスカルプケア商品を探す事って多いと思います。

薄毛や抜け毛などの髪の問題を解決したい

でも使うのは育毛剤?発毛剤?

これ、なんと世の中の90%の人が誤解をしたまま使っています。

まず結論から言うと、発毛剤育毛剤は違います。

呼び方が違うだけではなく、明確な違いがあります。この記事ではその違いを説明します。

今回は、この発毛剤と育毛剤の違いや選び方の基本を勉強していきましょう。

基本となる発毛サイクルを知ろう

発毛剤、育毛剤を語る前に知っておきたいことがあります。

それは、発毛サイクル(毛髪のメカニズム)を知っておくことです。

髪は、成長期1~2(2~6年)、退行期(2~3週間)、休止期(3~4カ月)を繰り返すヘアサイクル(毛周期)で成長・脱毛します。

通常の状態の毛髪であれば、このような間隔で成長と脱毛を繰り返します。

壮年性脱毛症と呼ばれる症状の人は、成長期の期間が短く成長しきらないまま退行期に入ってしまう毛髪が増えます。

そのため、軟毛や細毛が増え、徐々に薄毛になってしまいます。

このヘアサイクルをまずは理解し、発毛剤や育毛剤を選ぶことになります。

発毛剤と育毛剤の違い

育毛剤と発毛剤の違いの主たるものは、医薬部外品か医薬品かです。

育毛剤・・・医薬部外品になり、主に症状の予防のために使用するものです。

発毛剤・・・医薬品になり、疾患や症状を治療するものになります。

簡単に言いますと、薄毛や抜け毛を予防して毛髪の健康を維持するためのものが育毛剤、壮年性脱毛症による薄毛や抜け毛を治療して改善させるためのものが発毛剤となります。

育毛剤発毛剤
分類医薬部外品医薬品
用途抜け毛の予防薄毛の治療
対象健常な方壮年性脱毛症の方

発毛剤と育毛剤 効果の違い

発毛剤と育毛剤には、それぞれ違った効果があります。

発毛剤の効果

発毛剤の効果

医薬品の発毛剤には、発毛を促す成分ミノキシジルが配合されています。

このミノキシジルによって、新しい毛髪の発毛と成長を促す効果が期待できます。

成長期の毛乳頭細胞に直接働きかけることで毛母細胞を活性化させ、ヘアサイクルの乱れを正常に戻し、新しい毛髪を発毛させ強くたくましい毛髪へと成長させます。

もとからある毛髪を強く成長させるだけではなく、新しく生やし、さらに毛髪を育て定着させるのが発毛剤の効果です。

育毛剤の効果

育毛剤の効果

医薬部外品の育毛剤には、頭皮の血行を促したり、頭皮に栄養を与えたりすることで健康的な毛髪を育てる効果が期待できます。

結果、ハリやコシがあり、抜けにくい健康的な毛髪へと導きます。

また、頭皮を健全に保つ効果も期待できますので、フケやかゆみなどの頭皮トラブルの予防にも役立ちます。

薄毛や抜け毛にお悩みの方だけでなく、幅広い方に使っていただけるのも特徴です。

発毛剤、育毛剤 どっちを選ぶ?

育毛剤と発毛剤の違いは理解出来ましたか。

育毛剤と発毛剤はそれぞれ効果が異なるため、毛髪の状態によって使い分けることが大切です。

髪の毛のボリュームダウンやハリコシの低下が気になっているという方は、育毛剤を選ぶのがおすすめです。

今ある毛髪を大切に育てながら、頭皮状態を向上させて抜け毛を防ぐ効果も期待できます。

効果が来た出来る育毛剤として話題のイクオスEXプラスは下記よりご確認ください。

無添加育毛剤イクオス

そして、頭皮の脱毛が目立っているという方や髪を増やしたいという方には、発毛剤がおすすめです。

発毛剤は、壮年性脱毛症の方に限られますが薄毛や抜け毛を効果的に改善させることができます。

似ているようで効果や目的が異なる育毛剤と発毛剤。

髪の毛の悩みが進行する前、早い段階で使ったほうがいいのは共通点です。

ご自身の髪の毛や頭皮の状態をしっかりと見定め、育毛剤か発毛剤のどちらかを決めましょう。

【第1類医薬品】スカルプD メディカルミノキ5は下記よりご確認ください。

まとめ

似ているようで違う、発毛剤と育毛剤ですが求める結果はよく似ていますね。

ですが、用途や効果を知らずに使ってしまうと、効果がないとか、お金を損したとかと言ったいやな結果になりかねません。

薄毛や抜け毛の原因が、壮年性脱毛症によるものなのか、ホルモンバランスや日常生活における体調管理の問題からなのか、この違いを確認してはじめて使うものが決まります。

なんでもいいから発毛剤とか、効果がありそうだから育毛剤といった安易な考えで決めることのないようにしましょう。

スポンサーリンク


フェリシモ「コレクション」

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。