癌は遺伝する?胃がん・肺がん・大腸がん 検診に行ったよ

シェアする



市役所から、ん検診の案内が来たので受けてきました。

これで、3回目のがん検診受診です。

私の場合、実母、実父ともに癌経験者です。

母は18年前に大腸がんで手術

父は12年前に胃がんで胃の摘出手術を受けています。

誰でも癌になる可能性がある

現在、日本では癌は死亡原因の第1位です。

二人に一人は癌になるなんて言われてます。

でも診断と治療の進歩により、一部のがんでは早期発見、早期治療が可能となりつつあります 。

とても怖い病気と認識はしていますが、なぜ癌になるのか素人の私にはわかりません。

ただ言えることは、普段の生活環境によって癌になる可能性があるってことです。

暴飲暴食、過度の飲酒、喫煙など要因はたくさんありますね。

まずは、がん検診

今回は、胃がん肺がん大腸がんの検診を受けました。

胃がん検診

胃がん検診

胃がんは、50歳代以降にかかる人が多く、日本のがんによる死亡原因の多くを占めるがんです。
早期の胃がんは自覚症状がないことが多いですが、胃の痛み不快感食欲不振食事がつかえるなどの症状がある場合には検診を受診せず、すぐに医療機関を受診する必要があります。

私の父は、胃がんになってしまい手術にて胃を全摘出しました。幸い現在でも健在です。

父の場合も自覚症状は全くなく、突然食事が喉につかえ、食べることが出来なくなり病院に行き胃がんと診断され緊急入院し3日後に手術となりました。

胃がん検診は、「胃部X線検査」または「胃内視鏡検査」で行いますが、X線検査(バリウムを飲む)では何か見つかった時に再度内視鏡検査が必要と言われ、私は最初から内視鏡検査(胃カメラ)で行いました。

肺がん検診

肺がん検診

肺がんは日本のがんによる死亡原因の多くを占めるがんです。
早期の肺がんは自覚症状がないことが多いですが、血痰(けったん)長引く咳胸痛声のかれ息切れなどの症状がある場合には検診を受診せず、すぐに医療機関を受診する必要があります。また、たばこを吸う人は肺がんで死亡するリスクが、たばこを吸わない人に比べて、日本人男性では約5倍女性では約4倍高くなり、たばこを吸う年数、本数が多いほど肺がんになりやすくなります。

私はたばこをすいますので、この肺がんは少し心配になります。

基本の検査は、胸のX線撮影を行う検査です。

たばこを吸う人は、3日間起床時に痰をとり、専用の容器に入れて提出します。痰に含まれる細胞を調べてもらいます。

大腸がん検診

大腸がん検査

大腸がんは、かかる人が増加してきています。
早期の大腸がんは自覚症状がないことが多いですが、血便腹痛便の性状や回数が変化したなどの症状がある場合には検診を受診せず、すぐに医療機関を受診する必要があります。

大腸がん検診の検診方法は便潜血検査(検便)です。2日分の便を採取し、便に混じった血液を検出する検査です。がんやポリープなどの大腸疾患があると大腸内に出血することがあり、その血液を検出する検査です。

私の場合も検便を二日分摂り検査してもらいました。

特に問題はなかったのですが、もし何らかの異常が見られる場合は全大腸内視鏡検査、大腸内視鏡検査と大腸のX線検査の併用法(全大腸内視鏡検査が困難時)、または大腸CT検査です。

がんは遺伝する?

今回の検診で最終的に先生の問診があったのですが、そこで言われたことがあります。

母が大腸がんにかかったのですが、大腸がんは遺伝する可能性が高いと言われました。父の胃がんはまず遺伝しないとも・・・

迷信かと私は思っていましたが、科学的に可能性が高いと聞かされちょっと不安になりました。ただ、遺伝の要素はあっても皆が発症するわけでは無いと聞かされ少し安心しました。

しかしながら、普段の食生活、運動、肥満防止など注意は必要だそうです。

発症のリスクを減らすには適切な生活と言うことですね。

まとめ

今回のがん検診では特に異常は発見されず一安心ですが、人間誰しも癌になる可能性があると聞かされると不安になりますね。

でも、不安で心配ばかりしているとかえって病気になってしまいます。

病は気からって昔から言いますもんね。

問診で先生に言われた、規則正しい生活、軽い運動、適度の食事を目指して生活をして行きたいと思います。

急ぐんだ!脳梗塞

スポンサーリンク


フェリシモ「コレクション」

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。