2020年4月1日義務化、自動車のオートライト機能!

2020年4月1日義務化、自動車のオートライト機能!お役立ち情報
スポンサーリンク

皆さん、車のオートライトってご存知ですか?

車を運転しない方には知らない方も多いと思いますが、読んで字のごとく

自動車のライト(ヘッドライト)を自動で点けたり消したりしてくれる便利な機能です。

この自動車のオートライト2020年4月1日から義務化になりました。

今回は、このオートライト義務化について説明します。

自動車のオートライト機能とは

オートライトスイッチ

自動車には、夜の運転に必要なヘッドライトが付いています。

このヘッドライトを点けたり消したりするスイッチがあります。

このスイッチで、スモールランプ(車幅等)とヘッドライトのON/OFFを行います。

オートライト機能が付いている車ですと、このON/OFFをセンサーが周囲の明るさを感知して暗くなってきたら自動で点灯してくれます。

逆に明け方など周囲が明るくなってくると自動で消してくれます。

車を運転する人は、トンネルなどを通過する際や薄暮時(はくぼどき)に、ヘッドライトの点灯により自車の存在を他に知らせるためと視界確保のためにヘッドライトを点けるのですが、面倒だから点けずに走ってしまう方も多く居ます。

そのことでトンネル内や薄暮時の事故が多くなり、その対策としてオートライト機能が設定されました。

ヘッドライトの付け忘れ防止ですね。

 

そんな機能を点けなくてもライトぐらい付けるだろうと普通は思いますよね

でも、そこに落とし穴があるんです。

昔の車は、社内のメーター類(スピードメーターなど)はライトのONで照明が付き読み取ることが出来るようになっていました。

メーターが見えないのは不安ですから、ライトを点けていました。

これが最近の車では、自発光式メーターや液晶ディスプレイを採用するクルマが増え、メーターに対する照明がなくて暗い室内でもメーターは読み取ることが出来るんです。

このことによって、ライトの付け忘れが起こり無意識のうちに無灯火での走行をしてしまうんです。

これを防ぐための機能が、オートライト機能です。

オートライト義務化の内容

では、このオートライトの義務化の内容を簡単に説明します。

まずは、義務化に至った背景から説明します。

事故

オートライト義務化へ進んだ理由は、薄暮時に事故が多いからです。

警察庁の統計では、死亡事故発生状況を分析した結果、「日没時刻と重なる17時台から19時台に多く発生している」

「薄暮時間帯には、自動車と歩行者が衝突する事故が最も多く発生しており、中でも65歳以上の高齢歩行者が死亡する事故が多くなっている」

といったデータを公表しいます。

これに伴い、薄暮時においてヘッドライトの早めの点灯を呼びかけています。

このような背景もあり、2016年10月道路運送車両の保安基準が改正され「オートライト機能」の搭載義務化が決定しました。

 

この改正により、新型車は2020年4月以降、継続生産車は2021年10月から乗用車(5ナンバー、3ナンバー)に義務付けられました。

なお、定員11人以上の乗用車(バス)や車両総重量3.5t超のトラックについては新型車が2021年4月、継続生産車が2023年10月となっています。

オートライト機能搭載の義務化の背景と規定について、国土交通省は次のように話します。

──オートライト義務化の制定背景について

2016年当時、夕方の薄暮時に高齢者の歩行者の事故が多かったため、2016年10月7日の国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラムにおいて制定された、自動車の安全機能についての基準を日本でも取り入れて、義務化する方向に進みました。

現在走っている車はどうなるのか?

この法改正によって、新しく販売を開始する新型車や現行モデルの新車にはオートライト機能が義務付けられました。

でも、すでに登録を済ませ走っている自動車についてはどうなるのかお伝えします。

ここが、難しいところです。

現状でもオートライト機能が付いた自動車は多くあります。

この自動車については今のところ何の規制も制限もありません。

 

そして、ヘッドライトのON/OFFのタイミングには細かい規定がありません。自動車製造会社が各々独自の設定で運用しているのが実態です。

オートライト機能の設定のばらつきによっては、高架の下などで点灯してしまい、パッシングや後続車にはブレーキと間違えられたり、直後にすぐ消灯して余計にパッシングやブレーキを踏んだように誤解を広げる動作をしてしまっている事例もあります。

そのため、オートライト機能搭載車でもオートライト機能を使わず手動で操作しているドライバーも多いようです。

この設定のばらつきについてJAFがテストをしています。

日没前の約1時間で、ヘッドライトの点灯がもっとも早かったクルマと遅かったクルマでは、38分もの時間差があり、車種による設定のばらつきが大きいということです。

また、車種によってライトのスイッチにある「OFF/AUTO/車幅灯/ヘッドライト」の並びが違います、クルマを複数台所有するドライバーや、レンタカーに乗った際にオートライトがOFFになっている人的ミスが生じる可能性もあります。

 

そして、オートライト機能が付いていない自動車も多くあります。

この様な機能が付いていない自動車に乗っているドライバーはどうすれば良いのでしょうか?

警察や地方自治体では、「早めのライト点灯」の呼びかけ活動を実施しています。

さらに、自動車メーカーや大手タクシー会社、商業施設、保険会社などさまざまな業種の企業が賛同する形で「おもいやりライト運動」をおこなうなど、いろいろな形で全国に認知活動をおこなっています。

要は、自己責任においてライトの点灯をしてくださいという事ですね。

ヘッドライトを点灯して自分の存在を知らせることが事故防止に有効となります。

また、。車幅灯だけだと十分ではありませんので、ヘッドライトを点灯することをお勧めします。

 

まとめ

今回の法改正により新型車や新車にはオートライト機能が義務化されたわけですが、

現在、約6割を占めているオートライト機能未装着車については何の手立てがないのが現状です。

自己責任において早めのライト点灯をという事です。

なんとなく、中途半端な法改正ではありますが

自分が車を運転する際に意識をするきっかけにはなるのではないでしょうか。

事故を減らすためにも有効なことですので意識をもって行動をしていきましょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました